Help us understand the problem. What is going on with this article?

seleniumIDEで要素の有無をチェック

何故やろうとしたのか

ログイン画面対策のため
→ログイン後に再度アクセスした際にログイン画面が無いと、フロー上にあるログイン画面での処理部分でseleniumIDEが止まる
→見かけた『${!LastCommandOK}がtrueかどうかで判断』が上手く機能しなかったため
 →具体的にはverifyElementPresentをif文の前でかけると1回目は問題ないのだが、2回目以降で走らせると確実にfalseになる状況でもなぜか貫通してtrue側を通ってしまった なんで?(憤怒)

どうやった

ログイン画面に「のみ」ある要素の数を「store xpath count」で数え、それが1かどうかで判断
→「0かどうか」の判断の方が考えやすいかもしれない

コード

store xpath count | xpath=//input[@value='ログイン'] | id
if         |${id}==="1" ←ここは適宜書き換えで
 ~ログインID記入なりパスワード記入なりログインボタンクリックなりの「ログイン画面における処理」~
end

"特定画面にのみある要素"の"数"を判別の基準にしてる
今回はたまたまログイン画面における"input"且つ"valueがログイン"の要素が一つだけだったのでこの形で行けたが、ちと汎用性に欠ける気がせんでもない

オチ

seleniumIDEは記録した後にこまい部分を書き換えられるのが良いね
ブラウザで完結するものならば、ボクがpython使って書いてる普通のseleniumよりも直感的で扱いやすい感じ
この要素数が0かそれ以外かはボクがVBAでよく使っていた条件式だから、色々と使える考え方だと思う

nazo_no_otoko
毎日泣きながらアプリ作ってる人。 備忘録として使ってみる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした