Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

自分用Haskellメモ

More than 3 years have passed since last update.

演算子で間違いそうなもの

True
False

not True
! True
1 == 1
1 /= 1

if式にはelse節が必須

Haskellのifは、「文」ではなく「式」
必ず何らかの値を返す必要がある。そのためelse節は必須。
Haskellは関数型言語であり、関数の組み合わせでプログラムを作る。
関数とは、あるデータ値を結果の値に変換するもの。
つまり、必ず値を返すものでなければならず、命令形言語のif文のようにelseのない条件分岐はNG。

関数名

  • 小文字で始める
  • アポストロフィーも使える。ただし、慣例的に、正格(遅延でない)版の関数 or 少し更新したバージョンの関数に似た名前をつけるために使われる

引数を取らない関数:名前 or 定義

とよぶ

ghciで名前を定義するときは let を使う

ghciはHaskellコンパイラの対話モード。
GHCIでの let a = 1 は、スクリプトに a = 1 と書くこととおなじ

nat
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away