Help us understand the problem. What is going on with this article?

GroovyにおけるListの挙動の違いについて (2.1と2.2の比較)

More than 5 years have passed since last update.

勉強の為に読んでいるテキスト"Programming Groovy 2: Dynamic Productivity for the Java Developer"の中(pp. 110-111)で、ListのインデックスをRangeにした場合、オリジナルの指定された部分の参照が返却されるとありました。つまり、親Listに対してRangeを使って子Listを作成し、子の要素を変更すると、親の対応する要素も変化するという事です。

createSubList.groovy
lst = [1,2,3,4,5]
sub = lst[1..3]
assert sub == [2,3,4]

sub[0] = 9                  // subの要素を変更
assert sub == [9,3,4]
assert lst == [1,9,3,4,5]   // lstの要素も値が変わっている

しかし自分の環境で再現しようとした所、親の要素の値は変わりませんでした。
そこでテキストで扱われているバージョンを確認した所2.1.0でした。私は2.2.0を使っていたので、2.1と2.2で違いがあるのか確認してみました。比較に使用したのは2.1.0, 2.1.9, 2.2.0, 2.2.1ですが、2.1内及び2.2内では違いは無かったので2.1と2.2で纏めてあります。

2.1
lst = [1,2,3,4,5]
println lst.dump()
// ==> <java.util.ArrayList@1c3e4a2 elementData=[1, 2, 3, 4, 5] size=5 modCount=1>

sub = lst[1..3]
println sub.dump()
// ==>  <java.util.ArrayList$SubList@7c42 parent=[1, 2, 3, 4, 5] parentOffset=1 offset=1 size=3 this$0=[1, 2, 3, 4, 5] modCount=1>

2.2
lst = [1,2,3,4,5]
println lst.dump()
// ==> <java.util.ArrayList@1c3e4a2 elementData=[1, 2, 3, 4, 5] size=5 modCount=1>

sub = lst[1..3]
println sub.dump()
// ==> <java.util.ArrayList@7c42 elementData=[2, 3, 4] size=3 modCount=1>
// 2.1とは異なり独立したListとなっている

sub[0] = 9
assert sub == [9,3,4]
assert lst == [1,2,3,4,5]   // subの変更から影響を受けない

2.1で子Listのコピーを得るにはsub = new ArrayList(lst[1..3])のように書く必要があります。clone()ArrayList$SubListをサポートしていないようです(2.2では可能です)。

ついでですが、lst2 = lstのようにListそのものを呼び出した際は、どちらのバージョンでも共通のListを参照するようになります。コピーが欲しい場合はnew ArrayList()clone()を使う必要があります。

調べても特に言及が見当たらなかった(見落としてる?)のですが、どこかに書いてありましたっけ...

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away