Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 4 発表

この記事は?

説明するまでもなく、タイトルのとおりですw

Raspberry Pi 4

Buy a Raspberry Pi 4 Model B – Raspberry Pi 2019-6-24 15-37-28.png
https://www.raspberrypi.org/products/raspberry-pi-4-model-b/
発表 & 販売開始されたようです。
正式名称は Raspberry Pi 4 Model B 。
なお、日本での販売はまだです。技適が取れるまで数ヶ月かかるでしょうから、もうしばらく待ちましょう。

4B と、3B / 3B+ との違いを確認してみる

違いをざっくりまとめてみます。

3B 3B+ 4B
CPU BCM2837(Cortex-A53) 4コア 1.2GHz BCM2837B0(Cortex-A53) 4コア 1.4GHz BCM2711(Cortex-A72) 4コア 1.5GHz
メモリ 1GB LPDDR2 1GB LPDDR2 1GB/2GB/4GB LPDDR4
有線LAN 100Mbps 1G(実効300M)bps 1Gbps
無線LAN 2.4GHz 2.4/5GHz 2.4/5GHz
bluetooth 4.0? 4.2 5.0
USB USB2.0 x 4 USB2.0 x 4 USB2.0 x 2 / USB3.0 x 2
HDMI フルサイズHDMI x 1 フルサイズHDMI x 1 micro HDMI x 2
電源 5V 2.5A microUSB 5V 2.5A microUSB 5V 3.0A USB-C

個人的な感想

  • メモリ4GBはすげー嬉しい。
  • 電源が USB-C になったのは嬉しいけど、相変わらず大容量の電源を要求するのはつらい。
  • CPUが速くなったのはどうでも良いけど、A53 から A72 になって省電力化しているはず。
    • でも電源はデカイのを要求するのね。
  • HDMI 2つ付ける必要あったのだろうか?
    • ラズパイ4ではガッツリ画像処理をやることができるようになるのか?
    • 個人的にはHDMIよりコンソールのポートが欲しい。
  • さすがに発熱量が心配

OSも同時にメジャーバージョンアップ

Raspberry Pi用OSである Raspbian も、4B の発表と同時にメジャーバージョンアップされています。
詳細は(ざっくりですが)別記事にしております。
Raspbian Buster リリース

とりあえずポチッとな

イギリスの PIMORONI から1個注文しておきましたw
経験上、1週間程度で届くはず。
技適の関係で無線は使えないけど、とりあえず使い勝手は分かるでしょう。

nara256
IIJ IoTの中の人
iij
日本のインターネットを支えてきたIIJ。現在もその先もイニシアティブをとり続けます。
https://www.iij.ad.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした