Python
Ubuntu
Jupyter
Keras
TensorFlow

【第1回】Pythonではじめるディープラーニング

【第1回】Pythonではじめるディープラーニング

Pythonでディープラーニングの勉強を始めました。書籍「いちばんやさしいディープラーニング入門教室」を参考にして、やったことや躓いたこと記載してきます。今回はセットアップについて記載します。

環境

Ubuntu 18.04

Pythonのセットアップ

apt install python3-pip python3-dev

ライブラリのインストール

TensorFlowとKeras、Jupyterをインストールします。

pip3 install tensorflow
pip3 install keras
pip3 install jupyter

書籍ではAnacondaをインストールすると、numpy、scipy、yaml、h5pyの4つのライブラリがインストールされるとありましが、kerasをインストールした時点で依存パッケージとして一緒にインストールされるので、Anacodaをインストールする必要がなかったです。

root@ubuntu:~# pip3 show keras
Name: Keras
Version: 2.1.6
Summary: Deep Learning for humans
Home-page: https://github.com/keras-team/keras
Author: Francois Chollet
Author-email: francois.chollet@gmail.com
License: MIT
Location: /usr/local/lib/python3.6/dist-packages
Requires: scipy, h5py, six, pyyaml, numpy

TensorFlowの実行

# Python
import tensorflow as tf
hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
sess = tf.Session()
print(sess.run(hello))

次の出力があれば、TensorFlowのプログラムの作成ができます。

b'Hello, TensorFlow!'

Kerasの実行

エラーなく実行できれば、Kerasのプログラムが作成できます。

from keras.models import Sequential
model = Sequential()

Jupyterの実行

Jupyterを実行して、http://localhost:8888/?token=xxxxにアクセスします。オプションは必要に応じで指定してください。

jupyter notebook --ip=* --no-browser --allow-root
オプション 説明
--ip=[ip] notbookサーバーで受け付けるIPアドレス。
--no-browser 起動後にブラウザを開かない。
--allow-root rootユーザでnotebookの実行を許可する。

Jupyterの設定

設定ファイルを作成します。設定ファイルは~/.jupyter/jupyter_notebook_config.pyに作成されます。

jupyter notebook --generate-config

notebookサーバーで受け付けるIPアドレスを設定します。全てのIPアドレスを受け付けるには0.0.0.0を設定します。

## The IP address the notebook server will listen on.
#c.NotebookApp.ip = 'localhost'
c.NotebookApp.ip = '0.0.0.0'

起動後にブラウザを開きます。Falseを設定すると起動後にブラウザを開きません。

## Whether to open in a browser after starting. The specific browser used is
#  platform dependent and determined by the python standard library `webbrowser`
#  module, unless it is overridden using the --browser (NotebookApp.browser)
#  configuration option.
#c.NotebookApp.open_browser = True
c.NotebookApp.open_browser = False

rootユーザでnotebookの実行を許可します。

## Whether to allow the user to run the notebook as root.
#c.NotebookApp.allow_root = False
c.NotebookApp.allow_root = True

参考文献