Android
Windows
android開発
Androidアプリ

ADB接続の際にこれ以上不要なUSBドライバやソフトウェアをインストールしたくない方へ

ADB接続したいのに[List of devices attached]になる

一部の個人開発者の方を除き、Androidアプリ開発していると、自分のPCで様々な端末を接続することになりますよね。
※OSVerアップや新機種発売や機種依存問題がでてきた時。。などなど。

C:\Users\xxx >adb devices
 List of devices attached

開発機がWindowsの場合、上記のように [adb devices]コマンドを入力して認識できているか確認する方も多いと思います。
そんな時、端末が認識できてないと出るのが List of devices attached
本記事では新しい端末の度にメーカーサイトにいってUSBドライバをインストール。。なんてことをせずに済む方法をご紹介します。

前提環境

  • Windowsで開発している方
  • AndroidStudioインストール済みであること
  • AndroidSDKのパスが通っていること ※adbコマンドが利用可能なこと
  • Google公式のUSBドライバをインストール済みであること ※Google公式ページ参考

今までのADB接続までの手順

多少、個人差はあると思いますが、大多数の方は下記手順で各端末でadb接続をしていたと思います。
1. 端末設定 > システム > 端末情報 > ビルド番号を連打して[開発者オプション]を有効にする
2. 開発者オプション > [USBデバッグ]をONにする
3. 接続したいメーカーのサイトへいきUSBDriverをインストールする ※Google公式ページ参考
4. 端末に戻り、[USBデバッグを許可しますか?]ダイアログでOKをタップ

....と、接続するメーカー端末が多くなるたびにこれを繰り返すことになります。
テンションがあがりませんね。

これからの手順

上記手順の2までは一緒なのですが、メーカー毎の不要な機能まで追加されたソフトウェアを一緒にインストールする必要がなくります!

  1. 端末設定 > システム > 端末情報 > ビルド番号 を連打して[開発者オプション]を有効にする
  2. 開発者オプション > [USBデバッグ]をONにする
  3. Windowsのデバイスマネージャーを開く
  4. [他のデバイス]欄にでてくる、[Android]または[ADB Interface]と表示されているデバイスをダブルクリック
  5. 開かれたプロパティから、ドライバー > ドライバーの更新 をクリック2_デバイス選択-プロパティ.png
  6. [ドライバー ソフトウェアの更新]から、 コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します > コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します をクリック6_ソフトウェア検索.png
  7. Google, Inc を選択し、「Android ADB Interface バージョン: x.x.x.x[yyyy/mm/dd]」を選択する10_ADBInterface.png
  8. あとは画面の案内に沿って進んでいけばどのメーカーの端末でもGoogle純正のドライバに紐付いて認識されます!
  9. 8の手順後は端末に戻ってダイアログをOKにするのを忘れずに!14_フィンガープリント.jpg