Help us understand the problem. What is going on with this article?

React Native導入しようとして困ったこと

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

機会があってswiftを使った開発に携わることがあったのですが、開発をしている時に、端末依存の言語を勉強したり、その言語を使って開発しないといけない意味がわからなくなったのでreact-nativeを使ってみることにしました。(そもそもreactはチュートリアルやったくらいでほぼ初心者)
こちらの記事を参考に環境構築をやったのですが、いくつか躓いたことがあったので書き留めます。

躓いたこと

react-native コマンド使えない問題

問題点

react-native init プロジェクト名 を実行することで雛形の生成ができる、とのことだったので npm i -g react-native をしてインストールしたのちに該当コマンドを実行したところ、

-bash: react-native: command not found

コマンドないよ、と怒られてしまいました。インストールした時はエラーなくaddedって言ってたのに...と思っていろいろ調べてみるとこのページにたどり着きました。どうやらPATHの指定の問題そう...
ただ、私の環境では anyenv を使って nodenv を管理していて .bash_profile でも

export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"
eval "$(anyenv init -)"

anyenvのPATH指定はしているのでそこから先はanyenvが管理してくれているはずなのに...と行き詰まりました
which node を確認したのですがanyenvの下を見に行っているしバージョンあってるし...なんじゃこりゃ

どうやって解決したか

anyenvが管理してくれているものをこちら側で無理やりPATH書き換えてーってすると他で問題が発生する可能性があったので、 anyenv install nodenv を実行して再度nodenvをインストールすることで解決できました。
根本的な原因がなんだったのかはわからなかったです。すみません...

react-native run-ios してもrunしてくれない問題

問題点

無事にinitできたので試しにrunしてみようと思い

react-native run-ios

を実行すると以下のエラーが...

xcrun: error: unable to find utility "instruments", not a developer tool or in PATH

またPATHかよ...

どうやって解決したか

こちらのページを参考に

Locations 2018-12-03 13-30-22.png

xCodeのここの設定を変更しました。
もう一度react-native run-ios を実行してみると...

スクリーンショット 2018-12-03 14.23.08.png

初回起動時は時間がかかる、と書いてあったのですがあまりにも長い時間シミュレータがホーム画面のままだったので不安になったのですが気長に待ち続けたら無事にアプリが起動され、画面が表示されました😊めでたし

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away