ATOM
備忘録

備忘録:Atom

More than 3 years have passed since last update.

Atomの設定とかまったりのんびりまとめる


  • Windows 7


    • 2015-07-03:v1.0.1 をインストール

    • 2015-11-12:v1.1.0 にアップデート



GitHub製テキストエディタ:Atom

* Atomは Chromium1 で作られている

* 見た目はスタイルシート(LESS2)で変更可能


コマンド



  • Ctrl + Shift + P で「コマンドパレット」が表示される

  • キーバインド操作と同様のことをコマンドパレットからの入力でも操作可能

  • 大抵のコマンドはキーバインド項目にある各表の「Command」欄に記載する

コマンド
内容

setting
設定画面を開く


キーバインド

※Command欄は「コマンドパレット(Ctrl + Shift + P)」に入力するコマンド内容

分類
内容
Windows7
Mac
Command

表示
コマンドパレットを表示
Ctrl + Shift + P
Cmd + Shift + P
command palette:toggle

表示
設定画面を開く
Ctrl + ,(カンマ)
Cmd + ,
以下、どれでも開いた
1) setting
2) application:show settings
3) settings view: Open

表示
エディタ側とツリー・ビュー側とでフォーカスを切り替える
Alt + \
Option + \
...

表示
Markdownのプレビューを表示
Ctrl + Shift + M
Cmd + Shift + M
markdown preview:toggle

表示
デベロッパーツールを表示
Alt + Ctrl + I
Option + Cmd + I
...

ツリー
プロジェクトディレクトリを追加
Alt + Ctrl + O
...
...

ツリー
ツリー・ビューを開く/閉じる
Ctrl + \
Cmd + ¥
...

編集
ファイルのフルパスをコピーする
Ctrl + Shift + C
...
...

編集
コメントイン・アウト
Ctrl + /
Cmd + /
...

編集
指定行に移動
Ctrl + G
Cmd + G
...

編集
表示フォントの大きさをリセット
Ctrl + 0(ゼロ)
Cmd + 0
...


ペイン操作

内容
Windows7
Mac
Command

ペインを閉じる
Ctrl + Shift + C
...
pane: close

上にスプリット
Ctrl + K Up(↑)
Cmd + k Up
pane:split up

下にスプリット
Ctrl + K Down(↓)
Cmd + k Down
pane:split down

右にスプリット
Ctrl + K Right(→)
Cmd + k Right
pane:split right

左にスプリット
Ctrl + K Left(←)
Cmd + k Left
pane:split left

次のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + N
Cmd + K, Cmd + N
window:focus next pane

前のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + P
Cmd + K, Cmd + P
window:focus previous pane

上のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + Up(↑)
Cmd + K, Cmd + Up
window:focus pane above

下のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + Down(↓)
Cmd + K, Cmd + Down
window:focus pane below

右のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + Right(→)
Cmd + K, Cmd + Right
window:focus pane on left

左のペインに移動
Ctrl + K, Ctrl + Left(←)
Cmd + K, Cmd + Left
window:focus pane on right


Core Packages


1. Whitespace

空白、空行関連

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

  2. Packages > Installed Packages に「Whitespace」と入力しパッケージを検索

  3. Packages > Core Packages に表示されるパッケージ「Whitespace」の「Settings」を押下


1-0. 設定内容

No
表示項目
機能
Default
個人設定

1
Ensure Single Trailing Newline
文末の余分な空行を自動削除
末尾が改行で終わっていない場合は改行を追加
ON
OFF

2
Ignore Whitespace On Current Line
カーソル行の空白は削除しない
ON
ON

3
Ignore Whitespace Only Lines
空行の空白は削除しない
ON
ON

4
Keep Markdown Line Break Whitespace
...
ON/OFF
ON

5
Remove Trailing Whitespace
行末の空白を自動削除
ON
ON


1-1. 文末の余分な空行を自動削除させない

※No.1「Ensure Single Trailing Newline」に対する設定

Atomエディタには文末に余分な空行があった場合3に自動で削除される仕様になっているらしいのだが、ぶっちゃけこれいらないのでその機能をきる。

この機能を実現しているのが Core Packages としてインストールされている「Whitespace」らしく、その設定を変更することで自動削除を無効化することができる。

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

  2. Packages > Installed Packages に「Whitespace」と入力しパッケージを検索

  3. Packages > Core Packages に表示されるパッケージ「Whitespace」の「Settings」を押下

  4. Whitespace > Settings にある「Ensure Single Trailing Newline」のチェックを外す


1-2. 文末の余分な空白を自動削除させない

※No.5「Remove Trailing Whitespace」に対する設定

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

  2. Packages > Installed Packages に「Whitespace」と入力しパッケージを検索

  3. Packages > Core Packages に表示されるパッケージ「Whitespace」の「Settings」を押下

  4. Whitespace > Settings にある「Remove Trailing Whitespace」のチェックを外す


2. markdown-preview

Markdown形式ファイルのPreview機能

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

  2. Packages > Installed Packages に「markdown-preview」と入力しパッケージを検索

  3. Packages > Core Packages に表示されるパッケージ「markdown-preview」の「Settings」を押下


2-0. 設定内容

No
大項目
表示項目
機能
Default
個人設定

1
Settings
Break On Single Newline
...
OFF
OFF

2
Settings
Live Update
...
ON
ON

3
Settings
Open Preview In Split Pane
プレビューを分割画面で開く
ON
ON

4
Settings
Use GitHub.com style
GitHub.comスタイルを使用
OFF
OFF

5
Keybindings
Enamle
...
ON
ON

6
Customize
Use GitHub.com style
GitHub.comスタイルを使用
ON
OFF


2-1. プレビューのフォントを変更

プレビューで表示される漢字が日本語っぽくないので変更する。

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. 「Style.less」を開く


    • パターン1


      1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

      2. Themes > Choose a Theme に「(?マークのアイコン)You can also style Atom by editing your stylesheet」という一文があるので、その文のリンク文字になっている「your stylesheet」を押下

      3. 「Style.less」がAtom上に開かれる



    • パターン2


      1. メニューの「File > Open Your Stylesheet」で「Style.less」を開く






  2. 下記内容を追記する


@fontfamily:  'Migu 1M','メイリオ','Arial';

.markdown-preview.markdown-preview {
font-family: @fontfamily;
}

@fontfamily は日本語が扱えるものならなんでも良い。


3. tabs

タブを開く際の挙動設定

Confirmation version.1.1.0 / win7


  1. メニューの「File > Settings(Ctrl + ,(Comma))」で設定画面を開く

  2. Packages > Installed Packages に「tabs」と入力しパッケージを検索

  3. Packages > Core Packages に表示されるパッケージ「tabs」の「Settings」を押下


3-0. 設定内容

No
表示項目
機能
Default
個人設定
備考

1
Always Show Tab Bar
常にタブバーを表示
ON
ON
...

2
Enable VCS Coloring
VCSカラーリングを有効にする
OFF
OFF
...

3
Show Icons
アイコン表示
ON
ON
...

4
Tab Scrolling
タブのスクロール
OFF
OFF
...

5
Use Preview Tabs
プレビュータブの使用
OFF
ON
[ON]ダブルクリックしているか、その内容が変更されている場合は別のタブで表示される。


Install Packages


1. sync-settings

Confirmation version.1.1.0 / win7

Atomの設定他、下記内容をGithubと同期する。

* Atomの設定

* キーマップ

* ユーザースタイル

* initスクリプト

* スニペット

* インストールされたパッケージ

GitHub のアカウント必須。

< Update History>

日付
Version
備考

2015-11-12
0.6.0
インストール


2. file-icons

Confirmation version.1.1.0 / win7

拡張子に応じてファイルのアイコンを変更してくれる。

<Update History>

日付
Version
備考

2015-11-13
1.6.11
インストール

2015-11-20
1.6.12
...


入れて試してみたい Package


linter


  • 静的コード解析パッケージ

  • これ単体では何もしない。各言語用の linter パッケージを入れる必要がある。


script


  • 開いてるファイルや選択したコードを実行し、結果を表示してくれるらしい


term2


  • ターミナルをAtomのタブで開ける

  • シェルの設定とか環境変数は引き継いでくれるらしい





  1. Chromium - Wikipedia 



  2. LESS - Wikipedia 



  3. 正確には空行が2行以上あった場合、1行を残して他空行が削除される