This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Osaka Laravel Hands-on 2019.09.14

前置き

Vagrant + VM のインストールとbox addは済んでいる前提で進めます。
まだ済んでいないという方はスタッフにお声がけください。

環境構築

プロジェクト毎にインストール

composer require laravel/homestead --dev

VagrantfileとHomesteadファイルを生成

php vendor/bin/homestead make

成功すると下記が表示される

Homestead Installed!

Homestead.yamlを設定する

Homestead.yaml
#他の環境と被らないように修正
#ip: 192.168.10.10
ip: 192.168.10.20
memory: 2048
cpus: 2
provider: virtualbox
authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub
keys:
    - ~/.ssh/id_rsa
folders:
    -
        map: /Users/name/app/HandsOn
        to: /home/vagrant/code
sites:
    -
        map: homestead.test
        to: /home/vagrant/code/laravel/public
databases:
    - homestead
features:
    -
        mariadb: false
    -
        ohmyzsh: false
    -
        webdriver: false
name: handson
hostname: handson
# バージョン固定(最新バージョンの場合は不要)
version: 8.0.0

設定した条件で仮想環境を構築

vagrant up

仮想マシンに接続

vagrant ssh

先ほど設定したホストマシンのプロジェクト先を確認&中身も確認

cd /home/vagrant/code
ls

多分こんな感じになってるはず

after.sh  aliases  composer.json  composer.lock  Homestead.yaml  Vagrantfile  vendor

もし中身が空ならHomesteadのfolders:を見直して
間違いがあれば修正して再度vagrant up

composerを最新版にアップデート

composer global update

Laravelをインストール(5.8)

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel=5.8

成功すると下記が表示される

Application key set successfully.

画面で確認

先ほど設定したipのhttp://192.168.10.20にアクセス
※あくまで僕の環境です。

するとLaravelと表示されるはず

スクリーンショット 2019-06-11 23.42.44.png

その他設定

keyも初期化して置く

php artisan key:generate

.envのMySQLの設定がちゃんと出来てるか確認

.env
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret

とりあえずLaravel(Homestead)の構築はここまで

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.