Help us understand the problem. What is going on with this article?

VisualStudio For Macで 作成したプロジェクトをGitLabで管理するまで

More than 1 year has passed since last update.

アプリを作る際に必要になったので、手順をメモ書き程度に残しておきます。

GitLabでリポジトリを作成

アカウント作成

ここへ行き、ログインを行います。
アカウントを新規作成するか、SNSやGitHubのアカウントでログインできますので、好きな方で。
私はGitHubのアカウントでログインしました。

リポジトリ作成

  1. 画面上部のプラスボタンを押して「New project」を選択します。GitLabではリポジトリのことを「Project」としているんですね。
  2. 適当なリポジトリ名を入力して「Create project」。

これでリポジトリができました。
※この時作成されたリポジトリのURLをメモしておく。

アクセストークンの作成

  1. 画面右上の自分のアイコンを押して「Setting」を選択します。
  2. 左のメニューから「Access Tokens」を選択し、適当な名前やらを入力して「Create personal acccess token」。

これでアクセストークンが作成されます。
※この時「Your New Personal Access Token」の下に作成したトークンが表示されているので、これをメモしておく。

Visual Studio For Macからリポジトリへ登録

  1. Visual Studio For MacでGitで管理するプロジェクトを開きます。
  2. プロジェクトのソリューションを選択し、「バージョンコントロール」から「バージョンコントロールで発行」を選択します。
  3. 「登録済リポジトリ」タブの「追加」を選択し、「URL」に先ほどメモしておいたリポジトリのURLを入力してOK。
  4. 追加したリポジトリを選択してOK。
  5. ユーザー名・メールアドレスを聞かれるので入力してOK。
  6. 「バージョンコントロール」から「ソリューションを確認してコミット」を選択。
  7. 全てチェックが付いていることを確認し、「コミット」。
  8. 適当なコミットコメントを入力し、「変更をコミット後にリモートリポジトリにプッシュします」にチェックを付けて「コミット」。 ※コミットする際にユーザー名とパスワードの入力を求められるのですが、このパスワードに先ほどメモしておいたアクセストークンを入力します。

これでリポジトリにプロジェクトが登録されます。

GitLabのリポジトリを確認すると、コミット履歴があることが確認できます。

おわりに

結構簡単にできたなぁという感想です。
Gitでのバージョン管理は既に色々なところで行われているので、もう少し勉強しようかなと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away