mariadb
docker
CoreOS
MariaDB10

CoreOS で MariaDB 10.2 を動かしてみる

Vagrant + CoreOS + Docker でコンテナ環境体験 を参考にCoreOS上で稼働するDockerコンテナ上でMariaDBを稼働させ、Docker外のクライアントからMariaDBにアクセスしてみます。

Vagrant で CoreOS を起動

Vagrant を用いて VMware Workstation 12 Pro で CoreOS を立ち上げ、SSH で CoreOS 仮想マシンに接続します。

git clone https://github.com/coreos/coreos-vagrant.git
cd coreos-vagrant
vagrant up
vagrant ssh

MariaDB イメージをインストール

MariaDBの公式サイト に MariaDB イメージのインストール方法が記載されていますので、最新版イメージを pull します。

docker pull mariadb:latest

以下のコマンドでイメージ一覧を確認できます。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
mariadb             latest              4f76b7e73b00        4 weeks ago         396MB

コンテナを作成

docker run で mariadbtest という名前をつけ、ポート 3306(MariaDB/MySQL) を開放してコンテナを実行します。

docker run --detach \
  -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=mypass --publish 3306:3306 \
  --name mariadbtest mariadb:latest

docker ps で確認します。ポート 3306 が CoreOS の ポート 3306 にリダイレクトされています。

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
d0cf5b50175e        mariadb:latest      "docker-entrypoint.s…"   4 seconds ago       Up 3 seconds        0.0.0.0:3306->3306/tcp   mariadbtest

コンテナ外からMariaDBに接続

Windows から HeidiSQL で MariaDB に接続してみます。

image.png

正常にコンテナ外から接続できました。

image.png

なお、以下のコマンドで bash を利用できます。

docker exec -it mariadbtest bash