Edited at

HTML5の概要

More than 3 years have passed since last update.


HTML5の概要


HTML5とは

HTML(Hyper Text Markup Language)の新しいバージョンである


HTML5の新機能


  • よりリッチな Web アプリケーション

  • よりセマンティックなマークアップ

  • より高いアクセシビリティ

  • より高い互換性


よりリッチな Web アプリケーション

HTML5 と 関連 API を利用することで、機能の実現幅が広がった

実現可能な例


  • 動画や音声を再生する(Video/audio 要素)

  • 2D グラフィックスを自在に操作する(canvas 要素)

  • オフラインでもアプリケーションが動作する(アプリケーションキャッシュ)

  • ドメインをまたいで通信を行える(クロスドキュメントメッセージング、Indexed Database API)

  • バックグラウンド処理を行う(Web Workers)

  • サーバーからのデータプッシュや、サーバーとの双方向通信を行う(Sercer-Sent Events、Web Sockets)

  • ローカルファイルの内容を読み取る(File API)


よりセマンティックなマークアップ

HTML5では文書構造の意味や、文書中に埋め込まれたデータの意味等を明確にするための仕様が多数盛り込まれた


より高いアクセシビリティ

アクセシビリティとは


アクセシビリティとは、年齢や身体障害の有無に関係なく、誰でも必要とする情報に簡単にたどり着け、利用できることをいいます

(厚生労働省HPより:http://www.mhlw.go.jp/accessibility/)


HTML5 のアクセシビリティ


  • セマンティックな新要素(<header>、<footer>、<section>等)が、文書の意味を明確化する

  • 入力フォーム(input 要素など)もより種類が豊富になり、ブラウザで入力値チェックも任せられるようになった
    (例:<input type="number">とすれば、数値のみを受け付ける入力フォームとなる 等)


より高い互換性


  • バージョン間の互換性、ブラウザ間の互換性が高い

  • HMTL5 では多くの要素や属性を廃止しているが、ブラウザに対してはそれらのサポートを継続するよう要求しているため、古い機能が動作しなくなるといった心配はない

  • 廃止された要素にたいしてすら詳細な仕様を提供する念の入れようである


参考書籍

「HTML5 & API 入門」白石俊平著