Help us understand the problem. What is going on with this article?

Quarkus (MP-JWT) + Auth0 で RBAC できない理由

はじめに

Quarkus は JWT 認証に MicroProfile 仕様の MP-JWT (SmallRye 実装) を利用している。
この MP-JWT と Auth0 の仕様の競合により、両者の組み合わせでは RBAC が実現できない。

本投稿では原因となる両製品の仕様を記述する。

※ Quarkus のバージョンは Ver 0.22.0 (2019年9月 時点最新) とする。

仕様

MP-JWT の仕様 (制約)

MP-JWT では JWT 必須クレームに加え、権限情報を独自のクレーム groups に設定する仕様となっている。
groups を省略した場合、MP-JWT は JWT のパースに失敗する。
参照 : MicroProfile JSON Web トークンの構成 - IBM Knowledge Center

groups クレーム名はプロパティ smallrye.jwt.path.groups で別名を定義できる。
ただしこのクレーム名はパス解釈され、/ 区切りでネストする。

application.properties
smallrye.jwt.path.groups=realm/groups

上のように定義した場合、対応する JWT クレームは以下となる。

"realm" : {
  "groups": ["bar", "foo"]
}

Auth0 の仕様 (制約)

Auth0 の ID Token はJWT の仕様に準拠している。
独自のクレームを定義する場合はクレーム名の先頭に URL 形式の namespace を付与する必要がある。(namespace は架空の URL で OK)

# OK
https://yourdomain.com/groups

#NG
groups

参照 : User profile claims and scope - Auth0 Docs

MP-JWT と Auth0 の仕様を合わせると

  • Auth0 は groups 代替クレームを提供可能、ただしクレーム名は / を必ず含む URL 形式
  • MP-JWT は / をネストとして解釈するため、URL 形式のクレーム名を Auth0 の期待通りにパースできない

…試合終了。

代替案

KeyCloak を利用する

代替、というより正攻法。
KeyCloak は公式にプラグインが提供されている。特段の理由がない限りこちらの利用をお勧めする。

認証のみ利用する

ユーザー認証のみ行い、機能への認可を不要とする場合は Auth0 を利用可能。
別投稿 にて記述した。

最後に

解決するには MP-JWT のクレーム名解釈の仕様変更か、Auth0 の独自クレーム名の制約緩和が必要です。
前者の実現性は低いとして、後者となった場合親切な方、コメント頂けると幸いです。

※ 「イヤそもそも使える」よって訂正はもっと歓迎です!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away