ATOM
Ricty
Dvorak
VisualStudioCode

Dvorak & ATOM使いがVSCに乗り換えた時の設定メモ

はじめに

Visual Studio Code 公式サイト
VSC(Visual Studio Code)はここからダウンロード出来ます。

ユーザー設定ファイルの中身(17/12/25更新)

ユーザー設定
{
    "terminal.external.osxExec": "iTerm.app",
    "editor.fontSize": 16,
    "editor.lineHeight": 21,
    "editor.fontFamily": "Ricty, Menlo, Monaco, 'Courier New', monospace",
    "workbench.iconTheme": "verdandi",
    "workbench.colorTheme": "Atom One Dark",
    "terminal.integrated.fontSize": 16,   
}

※ コーディング用フォントRictyが気になった方はRictyの説明やインストール方法も見てみると良いと思います

※ ターミナルはiTerm2でzshを使ってます
- iTerm2についての記事
- zshについての記事

※ (12/25追記)ファイルアイコンのテーマは純正2つだと視認性が悪いので、変更しました。今はVerdandi Themeを使ってます。

※ (12/25追記)カラースキームもAtomのやつにしちゃいました。

その他設定

Command + Shift + P 押下後、SHELL と入力し、SHELLコマンド: PATH内に'code'コマンドをインストールしますをクリック。
これでターミナルでcode .とか叩くとディレクトリをエディタで開けます。

あとは、起動中にControl + を入力することでiTermがIDE内で起動。

個人的に変えてよかったこと

  • Dvorak(Command押下時のみQwerty)を使っており、Atomだと日本語入力時 & Command押下時にQwerty入力にならない問題があったのだが、解消されている(個人的にこれが一番重要)
  • インストール直後からAtomで普段使ってる機能がだいたい使える(gitの差分表示とか、ディレクトリ検索とか。そもそもAtomちゃんと使いこなせてない
  • カラースキームがデフォルトでカッコイイ

ATOMから機能失うことなく移行できたのが何よりです(そのうち戻るかもしれないですが)。ATOM & Dvorakで、もどかしい経験をした方はぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

永峰のTwitterアカウント
Sloganアドベントカレンダー