macOS Sierra‎ の iTerm2 上の Vim で挿入モードから抜けるときに IME を OFF にする

  • 11
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

macOS Sierra にした時、Karabiner が対応していない(2016/10/10時点)ということで Vim の操作に困っていたのですが、とりあえず対応ができたので、しばらくはこれで様子を見ようと思います。

対象

  • iTerm2 上で Vim を使用しており、挿入モードから抜けるときに IME を OFF にしたい人。
  • Vim で挿入モードから抜けるときのショートカットキーにCtrl + [Ctrl + jなどを使用している人。

使用ツール

  • Google 日本語入力
  • BetterTouchTool

手順

  1. Google 日本語入力に以下の Keymap を追加
    • Mode: Precomposition
    • Key: Escape
    • Command: CancenlAndIMEOff スクリーンショット 2016-10-10 21.44.38.png
  2. BetterTouchTool に以下の設定を追加
    • Shourtcut: 挿入モードから抜けるショートカットキー(私の場合はCtrl + jを使用しています。)
    • Assigned Action: Escape

Select Application(対象のアプリケーション)は Global でなく、iTerm2 のみにしておいたほうが良いと思います。

スクリーンショット 2016-10-10 21.45.44.png

Google 日本語入力のCancenAndIMEOffのキーに直接Ctrl + [Ctrl + jを設定するだけで出来そうだと思ったのですがそれだと、普通のテキストエディタでは有効なのに、ターミナル上では動作してくれなかったんですよね。(もしかしたら iTerm2 の設定にあるかもですが、わからなかったです...)

ちなみにEscapleなら Google 日本語入力だけで可能なので、BettorTouchTool は不要です。

私はCtrl + jですが、Ctrl + [なんて普通のEscapeなのに...。

同じようなことで困っている人がいたら助けになれば幸いです。また、もっとシンプルな解決方法があったらご教授願いたいです。