Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

ESLint v3.1.0

v3.0.0 | 次 v3.2.0

ESLint 3.1.0 がリリースされました。
小さな機能追加といくつかのバグ修正が行われています。

質問やバグ報告等ありましたら、お気軽にこちらまでお寄せください。


:sparkles: コアへの機能追加

#3307: Lint 結果にて問題の位置を範囲指定できるようになった

この機能はプラグインやカスタム ルール、およびエディタ連携ツールの開発者向けです。

従来、Lint 結果の各問題は位置情報 (行番号と列番号) を持っていました。これは CLI ツールとしては問題ないのですが、エディタ上に問題を表示する際に不便でした。現状のエディタ連携ツールでは、示された位置にある単語に赤線を引いたり、行全体に赤線を引いたりと工夫しています。

v3.1.0 より、Lint 結果の各問題は範囲情報 (開始位置と終了位置) を持つことができるようになりました。詳細は #6640 を御覧ください。

:bulb: 新しいルール

#6066: multiline-ternary

JSCS JSCS 互換ルールです。
三項演算子を使うとき、必ず改行するように矯正します。

/*eslint multiline-ternary: error*/

// ✔ GOOD
var a = foo > bar ?
    value1 :
    value2;

var b = foo > bar
    ? value1
    : value2;


// ✘ BAD
var c = foo > bar ? value1 : value2;

:wrench: オプションが追加されたルール

#4133: spaced-comment

複数行コメントの末尾スペースに関するオプションが追加されました。
従来は末尾スペースの有無をチェックしていませんでしたが、このオプションを使うと末尾スペースの有無と先頭スペースの有無がマッチしているかどうかチェックします。

/*eslint spaced-comment: [error, always, {block: {balanced: true}}]*/

// ✔ GOOD

/* this is a comment */

// ✘ BAD

/* this is a comment*/
/*this is a comment */

3.1.0 現在、なんかバグってる... :sweat:
→ 3.1.1 で修正されました :clap:

#5613: key-spacing

単一行のオブジェクト リテラルと複数行のオブジェクト リテラルで異なる設定をできるようになりました。

/*eslint key-spacing: [error, {
    singleLine: {beforeColon: false, afterColon: true},
    multiLine: {beforeColon: true, afterColon: true, align: colon}
}]*/

// ✔ GOOD
var obj = {one: 1, two: 2, three: 3};
var obj2 = {
    two   : 2,
    three : 3
};

// ✘ BAD
var obj = {one : 1, two : 2, three : 3};
var obj2 = {
    two: 2,
    three: 3
};

:pencil: 新たに 1 つのルールが eslint --fix をサポートした

  • #6639: no-var - (ただし再宣言されていたり、スコープ外から参照されていたりする場合を除く)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?