Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS(EC2)でNginxのrails.confを設定する方法

AWSのNginxを設定する際に、rails.confファイルの設定をします。

この方法の説明が意外とないので、説明していきます

Nginxの設定ファイルを編集

[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ sudo vim /etc/nginx/conf.d/rails.conf

rails.confファイルが開かれたら、下記の記述をします。

rails.conf
upstream app_server {
  # Unicornと連携させるための設定。
  # アプリケーション名を自身のアプリ名に書き換えることに注意。
 server unix:/var/〇〇〇(アプリをまとめているディレクトリ)/〇〇〇〇〇〇<アプリケーション名>/tmp/sockets/unicorn.sock;
}

# {}で囲った部分をブロックと呼ぶ。サーバの設定ができる
server {
  # このプログラムが接続を受け付けるポート番号
  listen 80;
  # 接続を受け付けるリクエストURL ここに書いていないURLではアクセスできない
  server_name 18.〇〇〇.〇〇〇.〇〇(Elastic IP;

  # クライアントからアップロードされてくるファイルの容量の上限を2ギガに設定。デフォルトは1メガなので大きめにしておく
  client_max_body_size 2g;

# 接続が来た際のrootディレクトリ
  root /var/www/〇〇〇〇〇<アプリケーション名>/public;

# assetsファイル(CSSやJavaScriptのファイルなど)にアクセスが来た際に適用される設定
  location ^~ /assets/ {
    gzip_static on;
    expires max;
    add_header Cache-Control public;
  }

  try_files $uri/index.html $uri @unicorn;

  location @unicorn {
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_redirect off;
    proxy_pass http://app_server;
  }

  error_page 500 502 503 504 /500.html;
}

3行目の<アプリケーション名> となっている箇所は、ご自身のものに変更してください。
11行目の<Elastic IP>となっている箇所も同様に、ご自身のものに変更してください。
14行目の<アプリケーション名> となっている箇所は、ご自身のものに変更してください。

これで設定ができます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした