1. msmhrt

    Posted

    msmhrt
Changes in title
+Vim Advent Calendar 2013 117日目: sudoedit で Vim の多重起動を避ける
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview

この記事は Vim Advent Calendar 2013 117日目の記事になります。

最近、Vim の多重起動を避けるプラグイン、vim-singleton を使い始めたのですが、凄く便利ですね。

導入は簡単なので、作者の @thinca さんの「singleton.vim 作った - 永遠に未完成」をぜひご覧ください。

せっかく便利なので、sudoedit でも Vim の多重起動を避けよう!というのがこの記事の主旨です。

まず、vim-singleton には git commit -v 等で生成された一時ファイルを編集するために、サーバー側の Vim の編集が終わるまでクライアント側の Vim の終了を待機する、リモート編集という機能があります。

sudoedit でも git commit -v と同様に編集用の一時ファイルが生成されますので、リモート編集を使えばそれだけで解決しそうなのですが、一つ問題があります。

リモート編集するには対象の一時ファイルを、あらかじめ正規表現で指定しておかなければいけないのですが、sudoedit で編集する一時ファイルは正規表現では特定できないのです。

しかし、sudoedit は環境変数 SUDO_EDITOR で指定したエディタを使用しますので、ここで指定されたエディタが常にリモート編集機能を使うようにすれば何とかなりそうです。

そこで、@thinca さんに vim-singleton のリモート編集機能を強制する方法がないかお尋ねしたところ、

vim --cmd "let g:singleton#entrasuted_pattern='.'"

という方法を教えていただきました。

リモート編集する対象ファイルを全てのファイルにすることで、結果的にどのファイルを編集しても リモート編集になるわけですね。

ですが、これをそのまま、

export SUDO_EDITOR='vim --cmd "let g:singleton#entrust_pattern='\''.'\''"'

のように指定すると、sudoeditが "letg:singleton#entrust_pattern='.'" を2つの引数と解釈するために上手く動作しません。

そこで VimScript の変数名の展開を利用して、

export SUDO_EDITOR='vim --cmd let{"g:singleton#entrust_pattern"}="."'

と指定することで、無事リモート編集することができました。

なお、sudoedit はエディタの実行前にPATHを書き換えますので、システム標準以外の vim を利用する場合は、SUDO_EDITOR 内の vim をフルパスで指定するようにしてください。

sudo vim が許されるのは小学生まで」

と婆っちゃが言ってましたので、ぜひ sudoedit をご利用ください。