Help us understand the problem. What is going on with this article?

JAVASCRIPTの練習(3)

連休4日目、何とか今日中にプログラムの初版に目途を付ける必要がある。

残りの工程表をザクっと書くと

1)バックエンドからCSVファイルを持ってきて、HTMLテーブルを作成する
2)HTMLをクリックすると、編集可能になる
3)保存ボタンを押すと、確定、更新したTABLE内容に従って、JSONファイルを排出する

UIの機能としては、
1)PNG図面上にホバーリングすると、拡大、移動ができる →(完成)
2)FLASKのルーティングで、GETに付与させた文書でルーティングさせる → (完成)
※ この記事だけでも、結構有用な情報満載である → いつかPRしたい

とりあえず、FLASKというフレームワーク、まだまだ奥が深い。。。

さて、問題のJAVASCRIPTであるが、指定ファイルを選んで、これをバックエンドから持ってくるところ
指定ファイルを識別するのに、セッションという考え方がいるみたいだが、
この辺は、まだまだ先伸ばしになるだろう(当面は、ワンユーザー限定)

バックエンドのCSVファイル名は、固定されているという前提で、
ファイルを読み込むところをどうすべきか?

10/22
今日の作業は、結局,CSVファイルをHTMLのテーブルに読むところでつまずいた。

ポイントとしては、CSVをJQUERYで読みこむ際に、タイムラグが生じて、
オブジェクトとしてツリーが生成する前に、スクリプトが先行してしまうことが原因だった。

最終的に、書き上げたコードは下記となる。

$(function() {
  $(document).on('click','#target tr', function(){
  });
  $(document).on('mousemove','#target tr',function(){
    $(this).css("background-color","#CCFFCC") .css("cursor","pointer")
  });
  $(document).on('mouseout','#target tr',function(){
    $(this).css("background-color","#ffffff") .css("cursor","normal")
 });
});

上記のコードは、TABLEの上でマウスのクリック、ホバーオン、マウス外れであるが、
同じような書き方を、ずらっと並べさせられている。

このONメソッドというやつが、ポイントだった。
(これで丸一日、費やした自分ことで、連休中のノルマは達成できなかった。)

明日は、会社に行くが、業務でこれだけの時間を割いていたら、
完全に趣味の仕事と思われて仕方がない
(あたかも、さくっと出来たことにしなければ。。。)

motochan1969
アラフィフのおっさんです。 趣味 ・FX ・登山 ・中国語 ・プログラム
http://1969681.blog66.fc2.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした