TTextSettings 型オブジェクトのテキスト表現プロパティを変更する際に覚えておくべき事

プロパティ(前の例では TextSettings.Font.Size プロパティ)の値を変更するときは、
ITextSettings.StyledSettings プロパティに TStyledSetting.Size 定数が格納されていない場合にのみオブジェクトの表示が実際に変更されることです。「TStyledSetting の定数と TTextSettings のプロパティとの関係」の表を見れば、TStyledSetting のどの定数で TTextSettings のどのテキスト表現プロパティの処理が制御されるかがわかります。

http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Tokyo/ja/FireMonkey_でのテキスト_パラメータの設定

StyledSettings

どのスタイル付きテキスト表現プロパティが、スタイルによって定義され(DefaultTextSettings 参照)、どれが手動で設定できるか(TextSettings 参照)を定義します。
StyledSettings で指定されたスタイル付きテキスト表現プロパティは、スタイルから取得されるので、手動では変更できません。 スタイル付き設定のフルセットは、AllStyledSettings 定数で定義されています。 これには、次のプロパティが含まれています

TStyledSetting::
Family
Size
Style
FontColor
Other

http://docwiki.embarcadero.com/Libraries/Tokyo/ja/FMX.Types.AllStyledSettings

StyledSettings サンプルコード

Unit1.cpp
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
    for (int i = 0; i < 3; i++) {
        f_test[i] = new TLabel(this);
        //ここで ssFamily, ssSize, ssFontColorをfalseにしています。 
        f_test[i]->StyledSettings = f_test[i]->StyledSettings >> TStyledSetting::ssFamily >>TStyledSetting::ssSize >> TStyledSetting::ssFontColor;
        f_test[i]->Position->X = 20;
        f_test[i]->Position->Y = 30*i;
        f_test[i]->Text     = "Test" + IntToStr(i+1);
        this->AddObject(f_test[i]);
    }
    f_test[0]->TextSettings->FontColor   = TAlphaColorRec::Blue;
    f_test[1]->TextSettings->FontColor   = TAlphaColorRec::Green;
    f_test[2]->TextSettings->FontColor   = TAlphaColorRec::Red;


}
//---------------------------------------------------------------------------

StyledSettingsDefaultStyledSettings

TLabel(this)インスタンスnewした場合 DefaultStyledSettings設定です。
2017-05-231200.png
http://docwiki.embarcadero.com/Libraries/Tokyo/ja/FMX.Types.DefaultStyledSettings

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.