Help us understand the problem. What is going on with this article?

2019年個人的に気になった研究&技術の振り返り

はじめに

この記事では個人的に気になった2019年の研究と技術を振り返りつつ紹介します.
僕の興味がCG&CVに傾倒しているため,そこら辺の話が多いと思います.
製品に関しては発表日と発売日がごっちゃになっているので注意.
後半グダってます.

(個人ブログとのアクセス数の違いを比較するための記事です)

1月

HCI

CG

Development

その他


2月

CG

ML

その他

  • Papers With Code
    今ではすっかり人気のPapers With Codeが日本で広まり始めたのもこの頃でした.
    余談ですが,メーリスを登録すると定期的にSummaryが送られてくるので便利です.
    GitHubを監視してもOK.

3月

僕が振られて友達10人くらい失ってMalware コンペでShake Downした以外,何もなかった気がします.
タスケテ...

その他

  • GDC | Stadia
    GDC 2019でゲームのストリーミングサービスGoogle Stadiaが発表されました.
    楽しみなサービスではあるのですが,これ以降「時代はクラウドでリアルタイムCG」といった妄言を聞くことが多くなりました.つらい.
    Stadiaの続報を見ても,現状中々厳しいようです.

4月

CV

HCI

  • CHI 2019
    4月あたりからCHIが盛り上がっていました.
    Video Previewsの一気流しで追えます.
    CVとCG系会議の論文を読んだ後にHCIに戻るとDomainがバラバラすぎてビビりますね.

  • Nintendo Labo Toy-Con 04 VR Kit
    任天堂もようやくVRに参戦.
    HCI研究のデモ開発用プラットフォームとしてもありだとは考えています.

Development

  • Visual Studio for Mac
    Visual StudioがMacに対応したのもこの月です.
    この数カ月後にVisual Studio Onlineがリリースされ,ブラウザ上で開発ができる時代になりました.

5月

CG

CV

  • OpenVSLAM
    産総研によるSLAMのFramework OpenVSLAMがリリースされました.
    最近も開発が盛んなようです.
    一方,同じくSLAM LibraryのKimeraが同年10月に公開されました.
    住み分けされるんですかね.

その他

ちなみに,12月にはARCoreにOcclusionを実現する機能が追加されていました.
ただ,ARKitの方がLightingもOcclusionもGoogleより早く実装していました.
Occlusionに関してはGoogleの12月に対しAppleは6月(詳細はWWDC 2019)です.
このバトル,かなり熾烈です.


6月

CV

ちなみにCV系のDatasetを検索したい時はVisualDataが便利です.
cvpaper.challenge (英語が苦手な人向け)


7月

CG


8月

CV

Development

  • PyTorch Lightning
    Kaggle捗りツールPyTorch wrapperのPyTorch Lightningがリリースされました.
    リリース以降コンペにほぼ参加できていないので険しい.
    ちなみに似たようなLibraryであるIgnite, Catalystとの比較は以下の記事が参考になります.
    PyTorch 三国志(Ignite・Catalyst・Lightning)

9月

HCI

  • UISTのTeaserが公開されました

Video Previewsは以下のリンクから.
[https://www.youtube.com/playlist?list=PLqhXYFYmZ-VdTeuu2d3rbs0To5qeU6hvK:title]

CG

SIGGRAPH ASIAの論文をちらほら見かけるようになりました.


10月

CV

Development

  • Announcing Support for Native Editing of Jupyter Notebooks in VS Code
    NotebookだLabだと激論している間に,VS CodeでJupyterを動かせる時代になったようです.
    環境構築芸人の人生は終わらねえ.

  • PyTorch Mobile
    MobileでNN開発というとCaffe2とTensorFlow Mobile (TFLiteはOp足りてないので何してもダメ)くらいしか選択肢がなかったのですが,ようやくPyTorchも参戦しました.
    ただ,まだ試験用という様子です.達人に期待.

その他


11月

CG

CV


12月

CG

CV

その他

  • Kaggle Days Tokyo
    Kaggleの一大イベントKaggle Days Tokyoが開催されました.
    日本開催は(おそらく)初で,強い方々によるLectureとオフラインコンペで盛り上がったようです.
    資料等は以下のupuraさんの記事にまとまっており,大変参考になります.
    「Kaggle Days Tokyo」参加録

時期不明

CV

  • Kornia: Open Source Differentiable Computer Vision Library for PyTorch

Optimization

  • google/jax: library to automatically differentiate native Python and NumPy functions
  • facebookresearch/higher: a library providing support for higher-order optimization, e.g. through unrolled first-order optimization loops, of "meta" aspects of these loops

さいごに

拙いまとめですが,以上です.

mocobt
自分用まとめが9割
https://j20232.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした