Swift

[Swift]【NSUserDefaultsの基本的な使い方】表示、格納、削除。

More than 3 years have passed since last update.


基本的なこと


swift


// 「ud」というインスタンスをつくる。
let ud = NSUserDefaults.standardUserDefaults()

// キーがidの値をとります。
var udId : AnyObject! = ud.objectForKey("id")

// これで表示してみたり。
println(udId)

// キーidに「taro」という値を格納。(idは任意の文字列でok)
ud.setObject("taro", forKey: "id")

// キーidの値を削除
ud.removeObjectForKey("id")



こんなのをつくってみた。(イメージ)

ud.png

displayを押すとコンソールにuserDefaultの値が表示される。

putで格納、deleteで削除。


ソースはこちら。


ViewController.swift

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
}

override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
// Dispose of any resources that can be recreated.
}

@IBAction func display() {
let ud = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
var udId : AnyObject! = ud.objectForKey("id")
println(udId)
}

@IBAction func put() {
let ud2 = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
ud2.setObject("taro", forKey: "id")
}

@IBAction func delete() {
let ud3 = NSUserDefaults.standardUserDefaults()
ud3.removeObjectForKey("id")
}

}



よく分からないこと。

var udId : AnyObject! = ud.objectForKey("id")

としているのですが、この AnyObject!String! とかでは、なぜダメなのか、よくわかっていません。。