AWS
workspaces

WorkSpacesのボリューム拡張・バンドル変更で引っかかったところ個人的まとめ


はじめに

WorkSpacesのボリューム拡張・バンドル変更を行った際に再起動もしくはリビルドが必要か検証

また、ボリューム拡張・バンドル変更の頻度について検証しました。


公式ドキュメントの内容

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workspaces/latest/adminguide/modify-workspaces.html

https://aws.amazon.com/jp/workspaces/faqs/


WorkSpace のルートボリュームとユーザーボリュームのサイズを、それぞれ 2000 GB まで増やすことができます。これらのボリュームが暗号化されていても暗号化されていなくても拡張できます。ボリュームの拡張は 6 時間に 1 回リクエストできます。データを確実に保持するために、WorkSpace の起動後はルートやユーザーボリュームのサイズを縮小できなくなります。

注記

WorkSpace のボリュームを拡張すると、Amazon WorkSpaces により Windows 内でボリュームのパーティションが自動的に拡張されます。ただし、この変更を有効にするには、WorkSpace を再起動する必要があります。

WorkSpace を Value、Standard、Performance、Power、および PowerPro バンドル間で切り替えることができます。バンドルの変更をリクエストすると、Amazon WorkSpaces は新しいバンドルを使用して WorkSpace を再起動します。Amazon WorkSpaces は、WorkSpace のオペレーティングシステム、アプリケーション、データ、およびストレージの設定を保持します。より大きなバンドルは 6 時間に 1 回リクエストできます。より小さなバンドルは 30 日間に 1 回リクエストできます。新規 WorkSpace については、より大きなバンドルをリクエストするには 6 時間お待ちいただきます。



  • ボリューム拡張は6時間に1回

  • ボリューム拡張を反映するには再起動が必要

  • バンドル変更すると再起動がされる

  • 上位のバンドルへの変更は6時間に1回

  • 下位のバンドルへの変更は30日に1回

  • 新規作成したWorkSpaceは6時間待たないと変更できない


疑問点

1.ボリューム拡張は6時間に1回とあるが、WorkSpaceにはルートボリュームとユーザーボリュームの2つがある。

どちらかを拡張するともう一方のボリュームも6時間待たないと拡張できないのか。

もしくはボリューム拡張の時間はボリュームごとにありルートボリュームを拡張した直後にユーザーボリュームの拡張が行えるのか。

2.ボリューム拡張を行うと自動で再起動がかかるのか。

3.バンドル変更時の再起動は手動で制御できるか。

4.ボリューム拡張・バンドル変更の両方を行った際にリビルドされるか


検証内容

今回はすべて同一のWorkSpaceで行いました。

Windows バンドルオプション 

スタンダード
ルートボリューム
ユーザーボリューム

2 vCPU、4 GiB メモリ
80 GB
10 GB

WindowsからはルートボリュームがCドライブ、ユーザーボリュームがDドライブに見えています。


ルートボリューム拡張後に6時間待たずにユーザーボリューム拡張を行う。

ルートボリューム拡張から連続してユーザーボリューム拡張をすることができました。そのため、6時間に1回という制限はボリュームごとに掛けられています。

ルートボリューム拡張後の再起動

自動で再起動はかかりませんでした。また、ボリューム拡張は手動で再起動後に反映されました。

ユーザーボリューム拡張後の再起動

自動で再起動はかかりませんでした。ですが、ルートボリュームとは異なり再起動せずとも拡張が反映されました

バンドルを上位のものへ変更(スタンダードからパフォーマンス)

自動で再起動がかかりました。

バンドルを下位のものへ変更(パフォーマンスからバリュー)

自動で再起動がかかりました。また、上位のバンドルに変更直後に下位のバンドルへの変更に関しては大きなバンドルへの変更が6時間に1回なので問題なく行えました。

さらにバンドル変更(バリューからスタンダード)

スタンダードからパフォーマンス、さらにパフォーマンスからバリューへと変更したWorkSpaceに再びバンドル変更をしました。上位のバンドルへの変更は6時間1回なので不可かと思いきや変更できました。

さらにバンドル変更(スタンダードからパフォーマンス)

不可でした

 
リビルドが必要か

今回はどのパターンでもリビルドは不要でした


まとめ

 ルートボリューム拡張は再起動しないと反映されないがユーザーボリューム拡張は再起動不要で反映される。また、どちらの場合も自動で再起動はされない。

 バンドル変更を行うと自動で再起動され変更が反映される。

 どの場合もリビルドは不要で、ユーザーデータは保持したまま変更できる。