Help us understand the problem. What is going on with this article?

jenkinsとgithubをwebhooksで連携する方法

jenkinsを使用するときは、本来専用のサーバーを用意する必要がある。ただ、アプリケーション用のサーバーにインストールしても使うこともできる。今回はEC2を利用してjenkins用サーバーを作成した。

javaをインストール

*jenkinsにはjavaが必要

console
$ sudo yum update -y
$ sudo yum search all java-1.8.0-openjdk
$ sudo yum install -y java-1.8.0-openjdk
$ sudo yum install -y java-1.8.0-openjdk-devel
$ java -version

jenkinsをインストール

console
$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
$ sudo yum install jenkins
$ sudo yum install -y git
$ sudo service jenkins start

jenkinsにログイン

jenkinsはデフォルトでは、8080ポートを使用する。
ブラウザにて、http://():8080/にログインする。
*EC2のセキュリティーグループにて、事前に開けておく必要がある。

jenkins側の設定

・ジョブを作成
・ジョブ設定にある、「ビルドのパラメーター化」「文字列」の項目に「payload」と記述。
・「ソースコード管理」の「git」項目にてリポジトリ名を記入
・「jenkinsの管理」→「ユーザーの管理」→「APIトークンを取得するユーザID」→「設定」→「APIトークンの表示」でAPIトークンを取得しておく。

github側の設定

・リポジトリの「Setting」→「Webhooks」→「Add Webhook」でWebhookを追加する。
・下記を参照してPayload URLを記入。

http://[JENKINS_USERID]:[API_TOKEN]@[JENKINS_HOST]/job/[JOB_NAME]/buildWithParameters?token=[TOKEN_NAME]

[JENKINS_USERID]:jenkinsにログインした時に決めたユーザID
[API_TOKEN]:取得したAPIToken
[JENKINS_HOST]:jenkinsにログインしたURL
[JOB_NAME]:jenkinsで作成したジョブの名前
[TOKEN_NAME]:APITokenを取得する時に付けた名前

Payload URLを記入したあと、「Add Webhook」をクリックする。
設定がうまくいっていればgithubにpushすると、jenkins側にもビルドされる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away