1. mizuhof

    No comment

    mizuhof
Changes in body
Source | HTML | Preview

Visual Studio Code でTeXファイルを編集する環境を整える.

拡張機能のダウンロード

拡張機能の LaTeX Workshop をダウンロード.
この拡張機能はTeXを書くときに補完や自動コンパイルを行ってくれる.
また,作成したPDFを確認しながら編集できる.

LaTeX Workshop の設定

setting.json に以下の設定を追記.

    // latex settings
    "latex-workshop.latex.tools": [
        {
            "command": "platex",
            "args": [
                "%DOC%"
            ],
            "name": "Step 1: platex"
        },
        {
            "command": "dvipdfmx",
            "args": [
                "%DOCFILE%.dvi"
            ],
            "name": "Step 2: dvipdfmx"
        },
        {
            "command": "rm",
            "args": [
                "%DOCFILE%.dvi",
                "%DOCFILE%.aux",
                "%DOCFILE%.log"
            ],
            "name": "Step 3: rm"
        }
    ],
    "latex-workshop.latex.recipes": [
        {
            "name": "toolchain",
            "tools": [
                "Step 1: platex",
                "Step 1: platex",
                "Step 2: dvipdfmx",
                "Step 3: rm"
            ]
        }
    ],
    "latex-workshop.view.pdf.viewer": "tab",
    // 制御文字を表示する
    "editor.renderControlCharacters": true,
    "liveServer.settings.donotShowInfoMsg": true,
    "liveServer.settings.donotVerifyTags": true,
    "latex-workshop.message.update.show": false,

"latex-workshop.latex.tools" に実行するコマンドを書き,
"latex-workshop.latex.recipes" に実行するコマンドの順番を書く.

"latex-workshop.latex.tools"はjson配列で与えられ,値は

{
    "command": "",
    "args": [],
    "name": ""
}

で与えられる.

キー 説明
command 実行するコマンド
args コマンドに渡す引数
name この操作の名前

また, args にはプレースホルダーを渡すことができ,以下のようなものがある.

プレースホルダー 説明
%DOC% .tex 拡張子を含まないファイル名とパス
%DOCFILE% .tex 拡張子を含まないファイル名
%DIR% ファイルのパス
%TMPDIR% 補助ファイルを格納するための一時フォルダ。終了時に自動的に削除されます。

"latex-workshop.latex.recipes" には "latex-workshop.latex.tools" で設定した操作の実行順序を記述する.
操作の名前(nameで設定したもの)を実行したい順番に "tools" に記述する.

上記の設定を具体的に説明する.

    "latex-workshop.latex.tools": [
        {
            "command": "platex",      // platex を実行する
            "args": [                 // platex の引数にvscodeで開いているファイルを渡す
                "%DOC%"
            ],
            "name": "Step 1: platex"  // この操作の名前を "Step 1: platex" とする
        },

        (省略)

    ],
    "latex-workshop.latex.recipes": [
        {
            "name": "toolchain",
            "tools": [                // "Step 1: platex", "Step 1: platex", "Step 2: dvipdfmx", "Step 3: rm" の順番に実行
                "Step 1: platex",     // platex で tex ファイルをコンパイル
                "Step 1: platex",     // \ref{}で番号が正しく反映されないことがあるので二回する
                "Step 2: dvipdfmx",   // platex で作成された dvi ファイルを pdf に変換
                "Step 3: rm"          // コンパイル時にできた不要なファイルを削除
            ]
        }
    ],

    (省略)

設定は各々書き換えてください.