CentOS
vagrant
VirtualBox
centos7

CentOS7の綺麗なboxを自作する(CentOS-7-1708編)

はじめに

※以前のものより手順を最適化しています

CentOS7の綺麗なboxを作る備忘録。(CentOS-7-1708編)
yum updateはしないので、ISOイメージからインストールした綺麗な状態。
好みに応じてカスタマイズしてください。

事前準備

次の準備が完了していること。わからない場合はグーグル先生にでも聞きましょう。

1.VirtualBoxセットアップ済み
2.vagrantセットアップ済み
3.CentsOS7のMinimal ISOダウンロード済み(今回はCentOS-7-x86_64-Minimal-1708.isoを準備)

仮想マシンの作成

VirtualBoxでベースになる仮想マシンを作成します。

1.メニューから「仮想マシン」->「新規」を選択

2.名前とオペレーティングシステム、メモリーサイズ、ハードディスクに次の内容を入力し作成ボタンを押す

項目 設定内容
名前 vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708
タイプ Linux
バージョン Red Hat (64-bit)
メモリーサイズ 1024MB
ハードディスク 仮想ハードディスクを作成する

※メモリ512MではSWAP領域を作成しないとインストールが進まない

3.ファイルの場所、ファイルサイズ、ハードディスクのファイルタイプ、物理ハードディスクにあるストレージに次の内容を入力し作成ボタンを押す

項目 設定内容
ファイルの場所 vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708 ※デフォルト値のまま
ファイルサイズ 64.00GB
ハードディスクのファイルタイプ VDI (VirtualBox Disk Image)
物理ハードディスクにあるストレージ 可変サイズ

仮想マシンの初期設定

仮想マシンの不要なハードウエアを無効にします。

1.仮想マシンvagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708を右クリックし設定を選択
2.システムタブを開き、起動順序にあるフロッピーのチェックを外す
3.オーディオタブを開き、オーディオを有効化のチェックを外す
4.ポートタブを開き、続いてUSBタブを開いて、USBコントローラーを有効化のチェックを外す
5.OKを押す

ポートフォワーディングの設定

1.仮想マシンvagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708を右クリックし設定を選択
2.ネットワークタブを開き、アダプター 1にある高度をクリックし、ポートフォワーディングを押す
3.右にある+を押し、ホストポートに2222、ゲストポートに22を設定しOKを押す
4.OKを押す

仮想マシンにCentOS7のインストールメディアを設定し起動する

仮想マシンにCentOS7のインストールメディアを設定し起動します。

1.仮想マシンvagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708を右クリックし設定を選択
2.ストレージタブを開き、コントローラー: IDEにぶら下がっているを選択
3.光学ドライブの右にあるCDマークのアイコンをクリックし、仮想光学ディスク・ファイルを選択
4.予めダウンロード済みのCentOS-7-x86_64-Minimal-1708.isoを選択
5.OKを押す
6.仮想マシンvagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708を右クリックし起動->通常起動を選択

CentOS7のインストール

1.Install CentOS 7を選択
2.インストール時に使用する言語で日本語を選択
3.システムインストール先をクリックし、ファイルシステムを好みのレイアウトに変更する。テスト用途であれば、マウントポイント/に割り当てる領域をgrowとする。
4.インストールを開始する
5.インストール中に、ROOTパスワードを設定する。パスワードはvagrantとする。
6.インストールが完了するまで待機する

ログイン

コンソールでログインする。

login: root
Password: vagrant

SELinuxの無効化(一時対応)

# setenforce 0

ネットワークの起動設定

1.インタフェース名の確認

# nmcli c s
NAME    UUID                                  TYPE            DEVICE
enp0s3  xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx  802-3-ethernet  --

2.ONBOOTをyesにする、と同時にネットワークにもDHCPで接続される。

# nmcli c m enp0s3 connection.autoconnect yes

※enp0s3の箇所はさっき調べたインタフェース名にする

sshでログイン

ここからはターミナルソフトで接続して作業を行う。
コピー&ペーストが使えると作業が楽である。

ログインする前にポートフォーワードの設定をする。
Virtual BOXの設定から、ネットワーク、高度、ポートフォーワーディングを開き
ホストポートに 2222、ゲストポートに 22 を入力してOKを押す。もう一度OKを押す。

ログイン情報

項目
ホスト 127.0.0.1
ポート 2222
ユーザ root
パスワード vagrant
OSXの場合はターミナルやiTerm2等で次のコマンドを実行
$ ssh -p 2222 root@127.0.0.1

Windowsの場合はTeratermやPuttyやPoderosa、Rlogin等でどうぞ

SELinuxの無効化(恒久対応)

# sed -i 's/^SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/' /etc/selinux/config

vagrantユーザの追加

ユーザvagrantを作成し、パスワードをvagrantとする。
sudoersの設定も行う。

# groupadd -g 500 vagrant
# useradd -g vagrant -u 500 vagrant
# passwd vagrant
※パスワードは「vagrant」とする

# echo 'Defaults:vagrant !requiretty' > /etc/sudoers.d/vagrant
# echo "vagrant ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL" >> /etc/sudoers.d/vagrant

Vagrant sshの設定

# mkdir /home/vagrant/.ssh
# chown vagrant:vagrant /home/vagrant/.ssh
# chmod 700 /home/vagrant/.ssh
# echo "ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAABIwAAAQEA6NF8iallvQVp22WDkTkyrtvp9eWW6A8YVr+kz4TjGYe7gHzIw+niNltGEFHzD8+v1I2YJ6oXevct1YeS0o9HZyN1Q9qgCgzUFtdOKLv6IedplqoPkcmF0aYet2PkEDo3MlTBckFXPITAMzF8dJSIFo9D8HfdOV0IAdx4O7PtixWKn5y2hMNG0zQPyUecp4pzC6kivAIhyfHilFR61RGL+GPXQ2MWZWFYbAGjyiYJnAmCP3NOTd0jMZEnDkbUvxhMmBYSdETk1rRgm+R4LOzFUGaHqHDLKLX+FIPKcF96hrucXzcWyLbIbEgE98OHlnVYCzRdK8jlqm8tehUc9c9WhQ==" > /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
# chown vagrant:vagrant /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
# chmod 600 /home/vagrant/.ssh/authorized_keys

GuestAdditionsのインストール

GuestAdditionsインストール準備

# yum -y install epel-release
# yum -y install -y bzip2 gcc make kernel-devel-`uname -r` dkms gcc-c++

Guest Addions CD imageのセット

VirtualBoxのゲストコンソールウインドウをアクティブにした際のメニューDevicesからInsert Guest Additions CD image...を選択

GuestAdditionsのインストール

ターミナルに戻り、次のコマンドを実行する。

# mount -r /dev/cdrom /media
# /media/VBoxLinuxAdditions.run --nox11
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 5.2.6 Guest Additions for Linux........
VirtualBox Guest Additions installer
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
VirtualBox Guest Additions: Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules.
VirtualBox Guest Additions: Starting.

Guest Addions CDのアンマウント

# umount /media

ボックスサイズの最小化

不要なものを消します。
ddしてrmするのは、ボックスを小さくするおまじない。

# rm /root/.bash_history
# rm -rf /var/cache/yum
# rm -fr /var/log/*
# rm -fr /tmp/*
# dd if=/dev/zero of=/0 bs=4k
# rm -f /0
# history -c

シャットダウン

# shutdown -h now

ボックスの作成

ここからはローカルで作業します。

ボックス作成前にメモリを512Mにしておく。
$ VBoxManage modifyvm vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708 --memory 512

ボックスの作成
$ vagrant package --base vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708
==> vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708: Clearing any previously set forwarded ports...
==> vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708: Exporting VM...
==> vagrant-centos-7-x86_64-minimal-1708: Compressing package to: /Users/moonphase/package.box

$ ls -l package.box
-rw-r--r--  1 tuemura  1219831777  539693954  1 21 06:44 package.box

ボックスの追加

$ vagrant box add centos-7-1708 package.box
==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'centos-7-1708' (v0) for provider:
    box: Unpacking necessary files from: file:///Users/moonphase/package.box
==> box: Successfully added box 'centos-7-1708' (v0) for 'virtualbox'!

$ vagrant box list
centos-7-1708      (virtualbox, 0)

仮想マシンの作成とログイン

作成したボックスで仮想マシンを作成しログインしてみる。

$ mkdir centos-7-1708-test
$ cd centos-7-1708-test
$ vagrant init centos-7-1708
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'centos-7-1708'...
==> default: Matching MAC address for NAT networking...
==> default: Setting the name of the VM: centos-7-1708-test_default_1516934907514_84187
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default:
    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically replace
    default: this with a newly generated keypair for better security.
    default:
    default: Inserting generated public key within guest...
    default: Removing insecure key from the guest if it's present...
    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH key...
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => /Users/moonphase/centos-7-1708-test

$ vagrant ssh

ログインできたらOK!