AWS
ユドナリウム

サーバー持ってない人のためのユドナリウム設置手順

はじめに

ユドナリウムをS3上にデプロイする方法をまとめています。(情報をまとめただけで、詳細な手順はないです)
公式情報ではないので参考程度に。

ユドナリウムとは

ユドナリウム(Udonarium)は、ボードゲームやオンラインセッション支援ツールです。
ユドナリウムはhtmlやjsといったサーバー側で処理しない静的なファイルなので静的ウェブサイトホスティングサービスを利用することができます。

デプロイの方法

デプロイ方法もいくつかあります。

  • サーバーを立ててファイル配信
    • すでにサーバーや独自ドメインを持っている人にはおすすめ
  • 静的ウェブサイトホスティングサービス(AWS S3など)を使う(後述)
    • サーバーを立てたり、メンテナンスしたりする必要がない

設置手順

  • AWSのアカウントの取得
  • AWSユーザーの設定
  • S3バケット/ドメインの確認
  • SkyWayのAPIキー取得
  • S3のバケット設定
  • ドメインの取得
  • ユドナリウムのダウンロードと設定
  • S3にアップロード
  • Route53の設定

AWSアカウントの取得

AWS アカウント作成の流れを参考にしてください。

AWSユーザーの設定

最初に作成したルートアカウントで操作することはなるべくなら避けておきたいところです。以下を参考にルートアカウント以外のユーザーを作成し、MFAも有効にしておきます。
Qiita:AWSアカウントを取得したら速攻でやっておくべき初期設定まとめ
Qiita:AWSアカウント作ったらこれだけはやっとけ!IAMユーザーとAuthyを使ったMFAで2段階認証

SkyWayへの登録

Skywayの登録だけ先に済ませておきます。

  • Community Editionの新規登録をします。

S3バケット/ドメインの確認

S3の静的ウェブサイトホスティングを利用する際には、ドメインと同じバケット名を利用する必要があります。
どちらも空いているものであるかをまず確認し、空いていればバケットの作成とドメインの取得まで済ませておきます。

バケットの作成

S3 バケットを作成する方法に従ってバケットを作成します。
バケットは以下の2つを作成します。

ドメイン名の取得

恒常的にユドナリウムを利用する場合、他人も使えるドメインだと同じAPIキーを使えてしまうので独自ドメインの取得をお勧めします。
ドメインを取得するサービスは色々ありますが、AWSで完結させるのであれば後で使うRoute53のドメイン取得を利用してもよいでしょう。

SkyWayのAPIキー取得

SkyWayのAPIキーを取得します

  • 「新しいアプリケーションを追加する」をクリックして登録します。
  • 利用可能ドメインに取得済みのドメイン(example.com)を記載しておきます。
  • 後で使うのでAPIキーをメモしておきます。

ユドナリウムの設定

  • ユドナリウムのreleasesPageから最新版のファイルを取得しておきます。
  • .zipファイルを展開します。
  • 先ほど取得したSkyWayのAPIキーをassets/config.yamlに記載します。

S3にアップロード

  • udonarium以下のファイルをドメイン名のバケット(example.com)にアップロードします。
  • ドメイン名のバケット(example.com)にアクセス許可を設定します。
  • ドメイン名のバケットにウェブサイトホスティングの設定を適用します。
  • www.ドメイン名のバケット (www.example.com)にリダイレクトの設定をします。

例: 独自ドメインを使用して静的ウェブサイトをセットアップする

Route53の設定

取得したドメインの名前解決のためRoute53の設定をします。

  • ドメインの反映までには結構時間がかかります。安定してつながるまでには10時間くらいはかかりましたが、最大で48時間ほどかかることもあるようです。

例: 独自ドメインを使用して静的ウェブサイトをセットアップする

できあがり

お疲れさまでした。

HTTPS化

通常使う分にはHTTP接続で問題ないと思いますが、HTTPS接続で使う場合は以下を行います。

所感

我が家のうどんスープはヒガシマルなので…

その他参考

【非公式】ユドナリウムの導入(インストール)手順