ESXi

ESXiの環境構築

はじめに

ESXiの環境構築を行う際に様々なページを参考にしました。何かの都合で再構築を行う際に最初から調べるのがめんどくさいのでここにまとめました。

必要なもの

以下のファイルをダウンロードする
- VMware-VMvisor-Install-201701001-4887370.x86_64.iso
- ESXi650-201712001.zip

ESXiのインストール

イメージファイルをUSBメモリに焼き、ESXiをインストールする装置へ接続の上USBからブートさせました。方法は個人によって違うので省略します。実施した内容は箇条書きとします。
1. "Welcome to the VMware ESXi 6.5.0 Installation"画面が表示されたら"(Enter) Continue"を選択する。
2. "End User License Agreement (EULA)"画面が表示されたら"(F11) Accept and Continue"を選択する。
3. "Select a Disk to Install or Upgrade"画面が表示されたらインストール先を選択して"(Enter) Continue"を選択する。
4. (ESXiをインストールしていた場合)"ESXi and VMFS Found"画面が表示されたら"Install ESXi, overwrite VMFS datastore"を選択して"(Enter) OK"を選択する。
5. "Please select a keyboard layout"画面が表示されたら"Japanese"を選択して"(Enter) Continue"を選択する。
6. "Enter a root password"画面が表示されたら"Root password:"と"Confirm password:"にパスワードを入力して"(Enter) Continue"を選択する。移動はTABキーで実施。
7. "Confirm Install"画面が表示されたら"(F11) Install"を選択する。
8. "Installation Complete"画面が表示されたら"(Enter) Reboot"を選択する。

ESXiの設定その1(ライセンスキーの登録)

web経由でアクセスする。IPアドレスは個人によって違うので省略します。
1. ユーザ名とパスワードを入力してログインする。
2. 管理→ライセンス→ライセンスの割り当てと選択しライセンスキーを入力する。そしてライセンスの確認を押す。

ESXiの設定その2(hostname変更)

  1. ホスト→アクション→サービスと選択しSSHの有効化とコンソールシェルの有効化を行う。
  2. (人によって設定は違うかも)SSHでログインを行う。Teratermではチャレンジレスポンス認証にチェックを入れる。username/password
  3. コマンドを投入してホスト名を変更する。強調された部分をコマンド投入する。newhostnameは自分で選択したい内容とする。

[root@localhost:~] esxcli system hostname get
Domain Name:
Fully Qualified Domain Name: localhost
Host Name: localhost

[root@localhost:~] esxcli system hostname set --host=newhostname

[root@newhostname:~] esxcli system hostname get
Domain Name:
Fully Qualified Domain Name: newhostname
Host Name: newhostname

[root@newhostname:~] exit

ESXiの設定その3(Patch適用その1)

  1. ホスト→アクション→サービスと選択しSSHの有効化とコンソールシェルの有効化を行う。
  2. ストレージ→datastore1→データストアブラウザ→アップロードと選択してダウンロードしたパッチ(ESXi650-201712001)をアップロードする。
  3. コマンドを投入してパッチを投入する。

[root@newhostname:~] esxcli system version get
Product: VMware ESXi
Version: 6.5.0
Build: Releasebuild-4887370
Update: 0
Patch: 9

[root@newhostname:~] esxcli software profile get
ESXi-6.5.0-20170104001-standard
Name: ESXi-6.5.0-20170104001-standard
Vendor: VMware, Inc.
Creation Time: 2017-09-18T12:00:56
Modification Time: 2017-09-18T12:03:57
Stateless Ready: True
Description:

(途中略)

[root@newhostname:~] esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201712001.zip
Name Vendor Acceptance Level


ESXi-6.5.0-20171204001-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20171201001s-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20171204001-standard VMware, Inc. PartnerSupported
ESXi-6.5.0-20171201001s-standard VMware, Inc. PartnerSupported

[root@newhostname:~] esxcli software profile update --dry-run -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201712001.zip -p ESXi-6.5.0-20171204001-standard
Update Result
Message: Dryrun only, host not changed. The following installers will be applied: [BootBankInstaller, LockerInstaller]
Reboot Required: true
VIBs Installed:

(途中略)

[root@newhostname:~] esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi650-201712001.zip -p ESXi-6.5.0-20171204001-standard
Update Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true

(途中略)

[root@newhostname:~] reboot

ESXiの設定その4(Patch適用その2)

  1. ホスト→アクション→サービスと選択しSSHの有効化とコンソールシェルの有効化を行う。
  2. コマンドを投入して状態を確認する。

[root@newhostname:~] esxcli system version get
Product: VMware ESXi
Version: 6.5.0
Build: Releasebuild-7388607
Update: 1
Patch: 36

[root@newhostname:~] esxcli software profile get
(Updated) ESXi-6.5.0-20170104001-standard
Name: (Updated) ESXi-6.5.0-20170104001-standard
Vendor: VMware, Inc.
Creation Time: 2017-12-29T07:18:29
Modification Time: 2017-12-29T07:18:36
Stateless Ready: True
Description:

(途中略)
[root@newhostname:~] exit

データストアの登録(ある人向け)

  1. ストレージ→データストア→新しいデータストアを選択する。
  2. NFSデータストアのマウントを選択する。
  3. 名前(任意)、NFS サーバ(NASのIPアドレス)、NFS シェア(NASのマウント先)、NFS バージョン(NFS 3)を入力する。
  4. 確認画面が出るので完了ボタンを押す。