Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity初心者がDaydreamのサンプルを試すまで ※Mac

More than 3 years have passed since last update.

とても苦労した
誰か記事書いてくれよ〜

〜〜〜〜下準備〜〜〜〜〜〜

①とりあえずUnityをダウンロード

②Android-SDKをダウンロード

スクリーンショット_2016-06-01_23_10_03.png

③Unityをインストール

スクリーンショット_2016-06-01_23_49_13.png

Androidなのでこのチェックは必須

④サンプルプロジェクト?をダウンロードしておく

⑤適当にAndroidにコントローラーアプリを入れておく

ここから
スクリーンショット_2016-06-02_0_27_46.png
このリンクをAndroidから踏めばAPK手に入るのでそのままインストール
USBデバックなってなければUSBデバックオンに

〜〜〜〜〜〜プロジェクト〜〜〜〜〜

①空の3Dプロジェクト作成

スクリーンショット_2016-06-01_23_51_44.png
 Unityを起動して「New」をクリック
スクリーンショット_2016-06-01_23_52_06.png
適当にプロジェクト名を付けて作成

②googleVRSDKのインポート

Asset→ImportPackage→CustomPackage...から下準備で用意したサンプルの「GoogleVRForUnity.unitypackage」を選択
スクリーンショット 2016-06-01 23.58.55.png
スクリーンショット 2016-06-02 0.02.40.png
こんなのが立ち上がるの「import」クリック

③サンプルっぽいやつダブクリ

スクリーンショット_2016-06-02_0_11_13.png

④再生

 コントローラー起動したAndroidUSBで繋いで再生ボタンで再生すればとりあえず起動して、コントローラーとは動きつながった!
スクリーンショット 2016-06-02 0.43.39.png

コントローラーで箱指して、コントローラータップでホールどとか出来る!!!!笑

moguravrさんの記事を読んで興味持ったんですが、この記事の限りだとコントローラーはwifi接続もいけるらしい。

この記事の限りだとUnity Remoteで他端末でも試せるらしいので手持ちの6sで実行できるように次はためそう。
じゃないと目にはめれないからVRを感じない。。。。。

明日Googlecardboardに対応してるなんか買おう

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away