Posted at

iTerm2で右CommandキーをESCキーに割り当ててbashで単語単位で移動する

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

MacでiTerm2使ってると、bashでの行内でのカーソル移動するのに行頭 Ctrl + A と行末 Ctrl + E は押しやすいんですが、単語単位で進む ESC + F と 単語単位で戻る ESC + F がすごく押しにくくて、なんとかならんかと思ったのだけど、個人的にほとんど使ってない右CommandキーにESCキーを割り当ててみたら快適になった。すごい初歩的なことかもしれないけど、自分用のメモも兼ねて設定方法を書いておきます。

シェル設定でもなんとなくできそうな気がするけど、シェルの設定に頼らないのは、カスタマイズできない色んなサーバにログインすることが多く、iTerm2側でキーバインドを変えるとどこでも使えるという算段です。


設定方法

MacBookProだとiTerm2で右Commandを直接ESCに割り当てる方法がなかったので、右Commandを右Optionに割り当てて、右OptionをESCに割り当てます。


右Commandを右Optionに割り当てる

「Preferences」>「Keys」で右Commandを右Optionに割り当てる

Preferences 2015-09-19 14-56-00.png


右OptionをESCに割り当てる

「Preferences」>「Profiles」>「Keys」で右OptionをESCに割り当てる

Preferences 2015-09-19 14-49-28.png