Help us understand the problem. What is going on with this article?

scipy.stats の ttest_ind と ttest_rel

More than 1 year has passed since last update.

pythonで行うt検定について勉強したので、メモ

ttest_relを使う場合

対応があるt検定。
1つの集団(n)の各対象から、それぞれ2つの値を取り出して、n個の数値の集合を2つ作り、その差が有意かどうかを調べる。
散布図が描けるような場合。

例えば、n人の集団の、1学期の算数のテストと、2学期の算数のテストとの間に差があるかどうか、を調べる、ということ。

res = stats.ttest_rel(scores1st, scores2nd)

# これは以下と等価
diffs = scores1st - scores2nd
res = stats.ttest_ind(diffs, np.zeros(len(diffs)), equal_var = False)

ttest_indを使う場合

対応がないt検定。
2つの集団からの各対象から、1つずつ値を抜き出してきて、平均値の差が有意かどうかを調べる検定。

res = stats.ttest_ind(group1, group2, equal_var = False)

2つの集団の分散が異なる場合には、equal_var = Falseオプションを付ける。

返り値

いずれの場合も、以下の2値が返ってくる。
一つの変数に入れたらタプルになる。

  • t値 : 平均値の差の大きさの度合い。
  • p値 : 母集団の平均が同じだと仮定したときに、平均の差が、検定を行ったデータより大きくなる確率。この値でもって1%や5%の判定をする。
miler0528
メーカー勤務の回路屋ですが、pythonに出会って、画像処理やデータ処理はじめました。
https://www.galleon.blue
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away