LaravelでControllerの作成とルーティング設定

初心者メモ

ルーティング設定

まずはGetでアクセスした場合のルーティング設定

今回はデフォルトのルーティングを使わないので以下コード削除

//デフォルトではルートにアクセスすればviewディレクトリのwelcomenにアクセスするとなっている
Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

新しくルーティングの追加:
rootにアクセスした場合PostsControllerのindexアクションを実行するという命令を書いてみる

routes/web.php
//rootにアクセスした場合PostsControllerのindexアクションを実行
Route::get('/','PostsController@index');

Controller作成

現状PostsControllerがないので、artisanコマンドでコントローラー作成
(php artisan make:controller コントローラー名 実行)

$ php artisan make:controller PostsController

Controller作成完了!

続いてindexアクションを定義する:
・ルート(indexアクション)にアクセスした時に'hello'と表示されるよう命令してみる

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class PostsController extends Controller
{
  #indexアクションを定義
  public function index() {  ←ここを追加
    return "hello";
  }
    //
}

ブラウザで表示

準備ができたのでブラウザを立ち上げてみる
ifconfigでIPアドレス確認

下記コードでLaravelサーバーにアクセスしてみる:
php artisan serve --host IPアドレス --port 8000

自分の環境ではIPアドレスが192.168.10.1だったので下記コマンド実行

Laravelサーバー起動:
$ php artisan serve --host 192.168.10.1 --port 8000 



結果:
Laravel development server started: <http://192.168.10.1:8000>

http://192.168.10.1:8000
アクセスしてブラウザで確認

スクリーンショット 2018-05-13 17.12.48.png

表示されてるのでOK

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.