Angular2
angular-cli
Angular4

Angular-cliを用いたプロジェクトの作成の仕方

More than 1 year has passed since last update.

Angularのversion

angularのversion
@angular/cli: 1.1.2
node: 6.10.2
os: win32 x64
@angular/animations: 4.3.2
@angular/common: 4.3.2
@angular/compiler: 4.3.2
@angular/core: 4.3.2
@angular/forms: 4.3.2
@angular/http: 4.3.2
@angular/platform-browser: 4.3.2
@angular/platform-browser-dynamic: 4.3.2
@angular/router: 4.3.2
@angular/cli: 1.1.2
@angular/compiler-cli: 4.3.2
@angular/language-service: 4.3.2

プロジェクトの作成

今回は複数のモジュールとlessを用いるプロジェクトを作成する。

ng new my-project-name --routing --style less

--routingは複数のモジュールを作成できるようにするオプション。
--style lessはスタイルにlessを用いるように設定するオプション。

プロジェクトの設定

.angular-cli.json
 "outDir": "../static/"

outDirを変えることでbuildした際の出力先を変えることができる。

.angular-cli.json
"defaults": {
  "styleExt": "less",
  "class": {
    "spec": false
  },
  "component": {
    "spec": false
  },
  "service": {
    "spec": false
  }
}

defaultsの対象の下に"spec": falseを追加することで対象を生成する際にspecファイルが生成されなくなる。
今回はspecファイルは必要ないのでclass, component, serviceを生成する際にspecファイルが生成されないようにする。

あとがき

間違い、こうしたほうがいいなどのコメントお願いします