AWS
EC2
Ansible

Dynamic Inventoryを用いたプロジェクトでansible-consoleを使う

概要

ansibleでDynamic Inventoryを用いてec2を管理している際に
ansible-consoleをどのように使うのかメモ。
複数台のサーバに対して、簡単に調査したいときなど使えそう。

起動

  • -iの引数に、ec2.pyを渡せばOK。
$ cd /path/to/your/ansible
$ ansible-console -i ./inventories/ec2.py

console操作

グルーピング

user@all (19)[f:100]$ list groups

all
ec2
tag_Group_api
tag_Group_web
tag_Group_elasticsearch
・・・・・
  • リストした時に出力されるのは、./ec2.pyのtag_xxxが全てのようだ。
./ec2.py  --list

  "tag_Group_api": [
    "api01_dev"
  ],
・・・・・

(試し)elasticseachクラスタに対して設定ファイルgrepする

(グループ移動)
user@all (19)[f:100]$ cd tag_Group_elasticsearch

(対象ホスト確認)
user@tag_Group_elasticsearch (2)[f:100]$ list
es01_dev
es02_dev

(grepする)
user@tag_Group_elasticsearch (2)[f:100]$ grep "discovery.type" /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml
es01_dev | SUCCESS | rc=0 >>
discovery.type: ec2

es02_dev | SUCCESS | rc=0 >>
discovery.type: ec2

参考