AWS
AmazonLinux
AmazonLinux2

Amazon Linux 2 の登場と、Amazon Linux との違い、移行方法などをQ&Aから抜粋したメモ

12月13日にAmazon Linux 2 発表されました。
文字通り既存のAmazon Linuxの後継となるOSです。

Amazon Linux 2 のご紹介

Amazon Linux 2に関する公式のQ&Aページは既に存在していますが、まだ日本語化されていません。(2017/12/18時点)

今回はその中から抜粋・翻訳した内容をメモしておきます。

概要

Q. Amazon Linux 2とは何ですか?

Amazon Linux 2は、近代的なアプリケーション環境にLinuxコミュニティの最新機能を提供し、長期的なサポートを提供する次世代Amazon Linuxオペレーティングシステムです。 Amazon Linux 2は、Amazonマシンイメージ(AMI)およびコンテナイメージフォーマットに加えて、オンプレミス開発およびテストのための仮想マシンイメージとして利用できるため、ローカル開発環境からアプリケーションを簡単に開発、テスト、および認証することができます。

Amazon Linuxとの違いとしては、EC2上だけではなく、ローカル環境やオンプレ環境でも利用できるようになったようです。

Docker環境では、Dockerコンテナイメージとして、VirtualBoxやVMware上では仮想化マシンイメージとして利用できます。

EC2上での利用に関しては、これまでと同じで、EC2インスタンス作成時にAmazon Linux 2のAMIを選択します。
利用できるインスタンスタイプにも制限はなく、最新のバージョンのインスタンスタイプがすべてサポートされています。

サポート関係

Q. Amazon Linux 2の長期サポートには何が含まれていますか?

Amazon Linux 2 LTSビルドの長期サポートには、次の2つの主要コンポーネントが含まれます。
1. AWSは、Amazon Linux 2のセキュリティアップデートとバグ修正を5年間提供します。
2. AWSは、ユーザー空間アプリケーションバイナリインターフェイス(ABI)とアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)の互換性を5年間維持します。

サポートは5年間となっています。

ただし、現在(2017/12/18)提供されている Amazon Linux 2 (2017.12)LTS Candidate 、つまり、まだ 長期サポートの 候補版 となっていて、利用者からのフィードバックを随時受け付けている状態です。

正式なLTSバージョンは まもなく登場 となっています。

Q. AWSは現在のバージョンのAmazon Linuxをサポートしますか?

はい、既存のアプリケーションの中断を避け、Amazon Linux 2への移行を容易にするために、AWSは、最終LTSビルドが発表されてからAmazon Linux 2017.09 AMIおよびコンテナイメージの定期的なセキュリティアップデートを2年間提供します。また、AWSプレミアムサポートやAmazon Linuxディスカッションフォーラムなどの既存のサポートチャネルをすべて使用して、サポートリクエストを引き続き提出することもできます。

既存のAmazon Linuxとの互換性、移行方法

Q. Amazon Linux 2の可用性により、Amazon LinuxのAMI(2017.09)の既存のバージョンに変更はありますか?

Amazon Linux 2のリリースにより、2017.09 Amazon LinuxのAMIリリースとコンテナ・イメージが現在の世代のAmazon Linuxの最終リリースとなることを発表します。 AWSは、Amazon Linux 2の新しいバージョンのみを提供します。

Q. Amazon Linux 2は、Amazon Linuxの既存のバージョンと下位互換性がありますか?

systemdのようなAmazon Linux 2に新しいコンポーネントが含まれているため、現在のバージョンのAmazon Linuxで動作するアプリケーションでは、Amazon Linux 2上で実行するために追加の変更が必要になることがあります。

Q.既存のバージョンのAmazon LinuxをAmazon Linux 2にインプレースアップグレードすることはできますか?

いいえ。既存のAmazon LinuxイメージからAmazon Linux 2へのインプレースアップグレードはサポートされていません。移行する前に、まずAmazon Linux 2の新規インストールでアプリケーションをテストすることをお勧めします。

既存のAmazon Linuxからの移行に関しては、何かポチっとすれば終わりとはいかないようです。
別インスタンスでAmazon Linux 2を起動して、そこで環境を作って移行する必要があります。

まとめ

既存のAmazon Linuxについてはしばらくサポートが続きますが、セキュリティ的にもメンタル的にも、LTSバージョンが出たら早い段階で移行したいところです。