Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS 7.3にRuby 2.4.1をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

過去の記事を参考にCentOS 7.3にRubyをインストールしようとした時、Rubyのインストールに必要なモジュールが不足していたようだったので再投稿しました。

OSの情報

$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core) 

rbenvのインストール

gitをインストールします。

$ sudo yum install git

rbenvを取得します。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

rbenvのパスを通して有効化します。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ ~/.rbenv/bin/rbenv init
$ source ~/.bash_profile

rbenvがインストールされたことを確認します。

$ rbenv -v
rbenv 1.1.1-2-g615f844

ruby-buildのインストール

ruby-buildを取得します。

$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

ruby-buildをインストールします。

$ sudo ~/.rbenv/plugins/ruby-build/install.sh

ruby-buildがインストールできるとrbenvのpluginであるrbenv installコマンドが使用できるようになります。

$ rbenv install -l

とするとインストール可能なRubyのバージョンが一覧で表示されます。

Rubyのインストール

2017/7/12現在最新の2.4.1をインストールします。

Rubyをインストールするのに必要なパッケージを先にインストールします。

$ sudo yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel 

次にRubyのインストールをします。

$ rbenv install 2.4.1

Rubyへのパスを通して有効化します。

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

rbenvで2.4.1を使用するように設定します。

$ rbenv global 2.4.1

Rubyのバージョンが表示されればインストール完了です。

$ ruby -v
ruby 2.4.1p111 (2017-03-22 revision 58053) [x86_64-linux]
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした