HomebrewでGitをインストールする

  • 23
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Macには標準でGitがインストールしてありますが、どうせならHamobrewで一緒に管理したいと思います。

環境

OS X 10.9.5

前提条件

Homebrewがインストールされていること

現在インストールしてあるGitのバージョンを確認

$ git --version
git version 1.9.5 (Apple Git-50.3)

Macに標準インストールされている場合は、(Apple Git-50.3)と表示されるのかな。

HomebrewでGitがインストールされていないことを確認

$ brew list

gitが表示されていなければ、Homebrewでインストールはされていません。

HomebrewでGitをインストール

$ brew install git
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/git-2.5.0.mavericks.bottle.
######################################################################## 100.0%
==> Pouring git-2.5.0.mavericks.bottle.tar.gz
==> Caveats
The OS X keychain credential helper has been installed to:
  /usr/local/bin/git-credential-osxkeychain

The "contrib" directory has been installed to:
  /usr/local/share/git-core/contrib

Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completion has been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/git/2.5.0: 1383 files, 32M

最新のGitのバージョンは2.5.0らしい。

HombebrewでインストールしたGitを利用する

Homebrewでインストールした後でも、コンソールでgit --versionを実行すると、古いGitを参照するようになっているので、新しいGitを利用するようにPATHを設定します。

~/.bash_profileに以下の1文を追記します。

export PATH="/usr/local/Cellar/git/2.5.0/bin:$PATH"

追記するPATHはGitをインストールしたときのPATHを記述します。

ターミナルを再起動して、バージョンを確認します。

$ git --version
git version 2.5.0

バージョンが新しくなっていることを確認できました。