Help us understand the problem. What is going on with this article?

クラウド型BIツールLookerの概要と使い方

Advent Calendar初参加です🎉4日目!
今更ながら知ったんですが、アドベントって降臨って意味なんですね。
イエスキリストの降臨を祝福をしつつ(?)、業務で使用したLookerの使い方をまとめていこうと思います。

Lookerとは

Lookerはクラウド型のBIツールです。
データベースと連携するとい感じに統計や分析をして表示してくれます。
公式ドキュメントはこちら
Lookerは去年から日本に向けたビジネスを開始しており、日本語にはまだまだ対応していない印象です。

設定方法

基本的に以下のような流れで設定を行なっていきます。

  1. データベースの連携
  2. lookerMLで各データの定義
  3. Exploreで各データを抽出し可視化
  4. Browseでダッシュボード化

Lookerは独自の概念や単語が多く、それらを理解していく必要があります。
それぞれ説明していきます。

1. データベースの連携

Looker自体はデータを持ちません。データ元となるデータベースが必要です。
Admin > [Database]Connections から、項目に従って必要な情報を入力していきます。
1database.png

2. lookerMLで各データの定義

Develop > Manage LookML Projects で、プロジェクトの設定をします。
LookMLはLooker独自の言語で、各データの定義を行います。
YAMLとほぼ似た構成なのでわかりやすいと思います。
Gitと連携して、バージョン管理することも可能です。

2LookML.png

LookML Projectsでは、ModelViewという項目があります。

Model・・・キャッシュのタイミングなどデータベースに関する設定
Views・・・データの型や集計方法などの定義
3Views.png

簡単な集計ならmeasureを使うと便利です。

3. Exploreで各データを抽出し可視化

Exploreではデータの表示を設定することができます。
5Explore2.png

Exploreでは、左メニューから選んだデータを、右画面で可視化ができます。
右画面にはFILTERVISUALIZATIONDATAという機能があります。

FILTER・・・データを条件によってフィルタリング
VISUALIZATION : グラフの形式や色などレイアウトの変更
DATA・・・表形式のデータ結果やSQLの表示

右上の設定アイコンから出力結果を保存できます。

4. Browseでダッシュボード化

Browse > xx’s Space を選択すると、Exploreで出力した一覧を見ることができます。
7Browse.png

ダッシュボードでは、各統計や分析結果の配置を変更することが可能です。
9Browse3.png

権限などの設定を行うと、ユーザに対してこの画面のみ表示するようにすることができます。

余談

Lookerを使ってみての感想ですが、多機能なため仕様に柔軟に対応できそうです。
ただその反面、ここに書いていない機能はまだまだあり、それらを理解し使いこなすのに少し時間がかかりそうです。

自分はLookerのSSO Embeddedという埋め込み機能を利用して実装したので、もし要望があればそれについての記事も書きます。
(ほぼ英語の公式ドキュメントしか情報がなくてしんどかった・・・)

ちなみにLookerは2019年6月にGoogleに買収されました。
今後Google Cloudプラットフォームに組み込まれたりするんでしょうか。
そうなったらさらにいろんな可能性が出てきそうですね。
料金体系も変わったりするのか気になるところです。

記事に間違いや不明な点があれば遠慮なくご指摘ください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away