以下、Macの例

1. まずは rbenv をインストール

$ brew install rbenv

※ Homebrew のインストールがまだの方は、以下のページへ。
http://qiita.com/merrill/items/025ce695d47e5458c6fb

2. ruby-build をインストール

$ brew install ruby-build

3. パスを通す

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

Enterを押しても特に反応はないが、パスは通っているはず。

4. .bash_profile を読み込む

$ source ~/.bash_profile

5. rbenv を使用できるか確認

$ rbenv

rbenvのコマンド一覧が表示されたら成功。

6. rbenv でインストール可能な Ruby バージョンを確認

$ rbenv install -l

--- ↓ 必要な人だけ ---------------------------
irb や pry で日本語を使うことを考慮して、readline を入れておく

$ brew install readline
$ brew link readline --force
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline)"

--- ↑ -------------------------------------------

※ もしインストールしたいバージョンが見つからない場合は、以下のコマンドを実行して再度確認してみる。

$ brew upgrade ruby-build

それでもインストールされない場合は以下を実行

$ brew reinstall ruby-build --HEAD

7. Rubyのインストール

# ドキュメントなし。通常より早くインストールが終わる。
$ CONFIGURE_OPTS="--disable-install-rdoc" rbenv install X.X.X 

# ドキュメントあり
$ rbenv install X.X.X

8. rbenv再読み込み

$ rbenv rehash

9. インストールされているバージョン一覧を確認

$ rbenv versions

10. 使用するバーションを選択

$ rbenv global バージョン # 使用するバージョンを指定

11. 現在のバーションを確認

$ ruby -v # 現在のバージョン確認

補足

すでにインストールされているバージョンを再度インストールする方法

上書きする場合

$ rbenv install -f X.X.X

アンインストールしてから、再度インストール場合

$ rbenv uninstall X.X.X
$ rbenv install X.X.X
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.