Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS 6.6 phpenv+php-build インストール

More than 5 years have passed since last update.

phpenv ... phpのバージョンを容易に可変にするためのソフト。rubyでいうrbenv、pythonでいうpyenvみたいなもの。
php-build ... php本体のインストールに使うもの。今回はphpenvのプラグインとして利用する。

今回はCentOS 6.6のCore環境にphp 5.5.21をインストールするという前提でいきます。

1) phpenvのインストールスクリプトを走らせる。
curl https://raw.githubusercontent.com/CHH/phpenv/master/bin/phpenv-install.sh | bash

2) php-buildをphpenvのプラグインとして組み込む。
git clone git://github.com/CHH/php-build.git ~/.phpenv/plugins/php-build

3) パスを通す。
echo 'export PATH="$HOME/.phpenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(phpenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL -l*
上記はシェルがbashの場合。自分でzshとかに変えてるなら対応してね。

4) php-buildで任意のバージョンのphpをインストールする。
phpenv install 5.5.21
ここでたくさんエラーが出ると思いますが、多くはライブラリの不足に起因するものなので、自分の環境に合わせて以下を参考にしながら解消していってください。
http://qiita.com/tebonz/items/82ad7e57066650d43b28

5) phpのプロジェクトディレクトリでphpのバージョンを設定する
phpenv local 5.5.21
phpenv rehash

これでとりあえずphpが動く環境は出来上がる。
試したければ php -S [ip]:[portnumber] を任意ディレクトリで実行すればビルトインPHP Serverが立ち上がる。

mekkoo
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away