Help us understand the problem. What is going on with this article?

fsckで"open: No such file or directory"と言われた時の対処

使用環境

項目名 環 境
OS MX Linux 18.3

この記事の対象者

  • Debian系OSのブート時に"open: No such file or directory"と言われた人
  • fsck とか fstab が何なのか初耳な人

ざっくり結論

  • ブート時に走るfsck(ファイルシステムのチェック)のエラー。
  • fsck は fstab の記述に従ってチェックする。
  • fstab に存在しないデバイスが記述されていた場合、上記エラーで怒られる。
  • fstab から存在しないデバイスの記述を削除すればエラーは消える。

以下、エラーの発生と解決の経緯について。

起動時にエラーが出て止まってしまった

以下がエラーの一部

[....] Checking file systems...fsck from util-linux 2.29.2
open: No such file or directory
fsck.fat 4.1 (2017-01-24)
fsck exited with status code 6

初見のエラーで、しかも特にディスク関係の事はやってないので割と焦りました。

fstabが原因だった

色々調べていくと、fstab なるファイルの記述が原因かもしれないとのこと。
早速見てみると、不穏な表記を見つけました。

cat /etc/fstab

# /etc/fstab: static file system information.
#
# <file system> <mount point>   <type>  <options>       <dump>  <pass>

#Entry for /dev/sda1 :
UUID=4DB7-6115  /media/user/HD-500G_BAK vfat    defaults,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=ascii,shortname=mixed,showexec,utf8,flush,errors=remount-ro   0   2

なぜか外付けHDDがファイルシステム扱いされてますね。
該当の行をコメントアウトしたらエラーは出なくなりました。

なぜこんな事になったのか?

そういえば、外付けHDDを NTFS にフォーマットしたくて色々やってました。
その時に、誤ってシステムファイルとして登録されてしまったようです。
OS再インストールとかにならなくて良かった。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away