1. masatomix

    Posted

    masatomix
Changes in title
+Cloud Functions for Firebase の関数をスケジューラから定期的に呼び出す簡単な方法
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview

イントロ

Cloud Functions をスケジューラから呼び出す方法について。

以前 Cloud Functions for Firebase の関数をスケジューラから定期的に呼び出す という記事で、Cloud Functions for Firebaseを定期的に呼び出すのに、

  • functions.pubsub.topic('testTopic').onPublish(message => {..処理..}) という関数をつくって
  • gcloud のコマンドで、testTopicにPublishする処理をスケジュール登録

する方法を書きましたが、そのつづき。

もっと簡単に設定出来るようになってた(初めからあった??)

最近みたら、関数のスケジュール設定 にもっとシンプルな方法が。

まず以下は前回のやりかたです。

前回
function want_to_execute() {
  console.log('実行したいロジック!')
}

export const helloPubSub = functions.pubsub
.topic('testTopic').onPublish(message => {
  want_to_execute()
})

として、具体的なスケジュールは別途で登録していました。

コレを

今回
function want_to_execute() {
  console.log('実行したいロジック!')
}

export const helloPubSub = functions.pubsub
  .schedule('0 */1 * * *')
  .timeZone('Asia/Tokyo')
  .onRun(async context => {
    want_to_execute()
  })

というように、スケジュール指定とタイムゾーンを直接記述できるようです。簡単ですね。。
ちなみにココでOwn Codingしちゃっても、のちほど画面上で変更可能です。

さてデプロイして確認してみましょう。

$ npm run deploy

画面で確認してみると firebase-schedule-checkLicensePubSub-us-central1 というTopic待ちの関数がたしかに登録されています。

00.png

スケジューラは、そのTopicにPublishするようにスケジュール設定されていますね。
01.png

一応Topicをみてみると
02.png

このようにウラではTopicが自動作成されていました。ようするに既存の方式と同じ方式です。
つまりスケジュール情報をコード上に書く方法は、既存の書き方の syntactic sugar ってことがわかりました。。

おつかれさまでしたー。

参考 ちなみにコード上で関数のregionとかも指定出来た

備忘です。

export const helloPubSub = functions.pubsub.region('asia-northeast1')  ココ
  .schedule('0 */1 * * *')
  .timeZone('Asia/Tokyo')
  .onRun(async context => {
    want_to_execute()
  })

こんな感じに関数の稼働するregion指定なども可能でした。

関連リンク