Microsoft
Azure
REST-API

Microsoft Azure REST API を Postman から呼び出す方法

More than 1 year has passed since last update.

Azure REST API を Chrome アプリの Postman を使って呼び出す方法です。

要約

Fiddler を使うと、簡単に、Bearer Token が取得できて、Azure REST API の呼び出し準備が簡単に整います。

概要&手順

Using Postman to call Azure REST APIs の要約です。

必要なステップは以下の通り:

  • Postman の入手 (この投稿では省略)
  • Bearer Token の入手
  • Postman で、Azure REST API を呼び出すための設定

Bearer Token の入手

インタラクティブに Azure REST API を呼び出すのに、これが一番大変な作業じゃないかと思います。色々方法がありますが、最も簡単だと思われるのが、Fiddler を使う方法です(Fiddlerについての解説もこの投稿では省略)。
Fiddler からFiddlerをインストールし、メニューより、 Tools → Options... を選択し、Optionダイアログで、Decrypt HTTPS trafficにチェックを入れます。
fiddler.png
その後、Azure Portalにログインすると(事前にログアウトしておくことをお勧めします)、サイトへのアクセスしたときのトラフィックがFiddlerに現れますが、その中から、https://management.azure.com にアクセスしている行を探します。

bearer_.png
右側のペインのHeadersでSecurityの部分の、Authorization: Bearer に続く部分が、Bearer Tokenになるので、この部分をコピーします。

Postman で、Azure REST API を呼び出す設定

作業は以下の3ステップ
1. URL を追加
2. Authorization と Content-Type の Header の追加
3. Send ボタンを押す

get.png

ここでは、例として Web Apps の情報を取得する REST API を呼び出してみます。URLは以下の通りです。

https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroup}/providers/Microsoft.Web/sites/{site}?api-version=2015-08-01

{subcriptionID}、{resourceGroup}、{site}については、情報を取得する Web Apps の値に変更してください。

Headerには、Fiddler を使って入手した、Authorizationに Bearer Token と、Content-Type に application/json を追加します。

あとは、Send のボタンを押すだけで、画像のように、Web Apps の情報が返ってきます。