VeriSM

VeriSMを理解する_はじめに

(当たり前ですが、私が書いているのは私が理解したVeriSMの姿です。ご承知ください)

未来学者のアルビン・トフラーは「第三の波」(1980年)で、農業革命、産業革命が起こり、そして情報革命という三つの大きなイノベーションが起こることを予言しました。
そして我々は今、デジタルトランスフォーメーションという大きな変革期にいます。これは、まさにトフラーの唱える情報革命と言えるでしょう。

一方で、ピーター・ドラッカーをはじめとする数多の経営学者たちは、経営資源に着目して様々な経営論を展開しました。それらの大多数は「ヒト・モノ・カネ」という資源に着眼しており、トフラーの唱えた情報革命については言及がありませんでした。

VeriSMとは、粗っぽく言うと、経営組織論です。
もっとおおざっぱな理解でいえば、古典的経営論(ヒト・モノ・カネ)+「IT」、がVeriSMです。