Git
GitHub

初めてgithubを使ってみる

先日windowsパソコンに、
ubuntu on windows 環境を構築し
Ruby on Rails環境まで構築できました。

そこで、どうやってバージョンを管理するのか
会社の仕事ではsvnを使ってるんだけど
githubをつかってみたーい!

家のパソコンと外でも使うパソコン、
どちらでもソースを見たい。
だからWebサービスで管理したい!

Bitbucketは、
Railsチュートリアルで経験してるんだけど

githubを使ってみたーい!

そして、私はgithubを使いこなせるカッコいいエンジニアになるんです!

そんな理由使ってみたので、手順をまとめました。
初めてなので間違いなどあるかもしれません。
(もし気づいたお優しい方は教えていただけると助かります)

■環境
Windoes10 home の
Ubuntu on bash on windows
を使用してUbuntu環境から繋ぎます。

手順

①githubのアカウント登録

こちらから新規登録をしました。
githubのトップページ

有料プランも(7$(日本円で800円くらい?)/月)もありますが、今回は無料アカウントで登録しました

登録が完了すると、メールが届きますので、
届いたメールのURLを押下しアカウントを認証させます。

②リポジトリの作成

[start a project]を選択しリポジトリ作成
②_1.PNG

とりあえずこんな設定で

②_2.PNG
[create repository]をクリック

これでソースを管理するためのリポジトリが
出来たのだろうと思います。

③サンプルのHTMLファイル作成

$mkfdir github_test
$cd github_test
$touch hello.html

とコマンドを入力しHTMLファイルを作成。

ソースを大好きな「Hello, World!」と表示するように修正

hello.html
<!DOCTYPE HTML>
<html>
    <head>
        <title>hello, world!</title>
    </head>
    <body>
        Hello, World!
    </body>
</html>

④ローカルgitにリポジトリ作成

git管理したいHTMlファイルを作ったためそのディレクトリの階層にローカルのgitリポジトリを作成します。
$git init

⑤ローカルリポジトリに追加

git管理したい先ほど作ったHTMLファイルをローカルリポジトリに追加します。

$git add hello.html

全部追加する場合は以下のコマンドを実行するとできます。

$git add --all

⑥ローカルリポジトリにコミット

続いては、リポジトリに追加されているのでコミットを行います。

$git commit -m "gitへ初めてのコミット"

[-m]を付けることで、エディターを起動せずにコミットメッセージを指定できるそうです。
後ろについてるダブルクォート("")で囲まれている内容がコメントです。
※ダブルクォート、ダブルクォーテーションは同じ意味です。

補足:ファイルが本当に追加されたのか確認してみる
gitにファイルが追加されているのかは、以下のコマンドで確認できます。

$git status

以下のようなメッセージが表示されれば全てコミット済みなのだと思います。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
On branch master
nothing to commit, working directory clean
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

⑦リモートリポジトリに追加する

bithubでリポジトリを作成したと思いますが、
そこに書いてあった以下の示す部分をコマンドで実行します。
⑦_1.PNG

⑧githubへプッシュする

ローカルリポジトリで変更した内容を
githubのリモート環境へ反映させます。

$git push origin master

githubに登録したユーザー名と
パスワードが聞かれますので入力してください。
⑧_1.PNG

これで、githubのマイページを確認したら、
ちゃんと登録されていましたー!