Ubuntu
Mozc
日本語入力
VcXsrv
WSL

Ubuntu 18.04 な WSL 上に日本語入力環境を構築する


環境構築

Ubuntu 18.04 な WSL 上に日本語入力環境を構築します.構築できると,WSL 上のエディタや IDE でも日本語入力が可能になります.予め,Windows 側に VcXsrv をインストールしておきましょう.そして,以下を実行していきましょう.

sudo sed -i.bak -e "s%http://archive.ubuntu.com/ubuntu/%http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/ubuntu/archive/%g" /etc/apt/sources.list

sudo apt update
sudo apt upgrade

sudo apt-get install language-pack-ja
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

sudo apt-get install git build-essential libssl-dev libreadline-dev zlib1g-dev x11-apps x11-utils x11-xserver-utils libsqlite3-dev nodejs fonts-ipafont libxml2-dev libxslt1-dev

echo 'export DISPLAY=localhost:0.0' >> .bashrc
source .bashrc

sudo apt install fcitx-mozc
sudo apt install fonts-noto-cjk fonts-noto-color-emoji
sudo apt install dbus-x11
sudo sh -c "dbus-uuidgen > /var/lib/dbus/machine-id"

echo 'export GTK_IM_MODULE=fcitx' >> .profile
echo 'export QT_IM_MODULE=fcitx' >> .profile
echo 'export XMODIFIERS=@im=fcitx' >> .profile
echo 'export DefaultIMModule=fcitx' >> .profile
source .profile


起動

Windows で VcXsrv を起動しておきます.そして,以下のコマンドを実行します.

fcitx-autostart

大量のログが吐かれます.Warning は出ても問題ありません.


設定

fcitx-config-gtk3

を実行すると,GUI の設定画面が表示されます.なお,fcitx が起動していない状態( fcitx-autostart していない状態)で設定画面を開くと,Input Method の欄が空白になるので注意が必要です.

mozc自体の設定は次のコマンドで行えます.

/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog


確認

WSL 上のエディタなどで,Ctrl + Space を押して何か入力してみて,fcitx の画面が表示されれば成功です.