Debian
RaspberryPi
docker

dockerをPROXY環境下で使うときのメモ

Raspberry PiでdockerをPROXY環境下で使うときのメモ

raspberry Piにスクリプトでインストールした場合、
dockerの設定ファイルは /etc/default/docker にあるが、
これは、init.d用の設定ファイルなので、systemd環境下では読み込まれない。

systemd環境下では/etc/systemd/system/ 以下のデーモンごとのフォルダの中にconfigファイルを作る必要がある。

以下のコマンドでhttp-proxy.confを作成

sudo emacs -nw /etc/systemd/system/docker.service.d/http-proxy.conf```

ファイルの中に下記のconfigを記載し保存する

http-proxy.conf
[Service]
Environment="HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:80/"

下記コマンドで、configのリロード、デーモンの再起動、systemdの環境変数の確認を行う。

pi@raspberrypi:~ $ sudo systemctl daemon-reload
pi@raspberrypi:~ $ sudo systemctl restart docker
pi@raspberrypi:~ $ systemctl show --property=Environment docker

参考
https://docs.docker.com/config/daemon/systemd/#httphttps-proxy
https://blog.knjcode.com/arm64-docker-on-raspberry-pi-3/