Linux
CentOS
Ubuntu
初心者
Linuxコマンド

Linux・CentOS初心者の為の、個人的によく使うコマンド

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

CentOS,ubuntuを使っている時に、
よく使うコマンドをまとめていきます。

登場するコマンド一覧

cd
ls
mkdir
rm
cp
mv
chmod
chown
wget
ifconfig
ssh
vi


cd

ディレクトリ移動をするコマンド。
これが使えないと始まらないですね。


ls

カレントディレクトリの中を表示するコマンド。
ファイル、ディレクトリの一覧出したり、
権限確認したり頻繁に使います。


mkdir

ディレクトリを作成するコマンド。
まぁ使いますよね。


rm

ファイルを削除するコマンド。
-rオプションをつけるとディレクトリを再帰的に削除します。


cp

ファイルをコピーするコマンド。
ファイルを編集する前にこれ使ってバックアップをよく作ります。


mv

ファイルの移動、名前を変更するコマンド。
新しいファイル名を指定するか、ディレクトリ指定するかで、
使い方が変わります。


chmod

ファイル、ディレクトリのアクセス権を変更するコマンド。
755とかによく設定しますね。


chown

ファイル、ディレクトリの所有者を変更するコマンド。
権限とかで所有者変えたいときによく使います。


wget

指定URLのファイルを取得するコマンド。
個人的に大好きなコマンドです。


ifconfig

ネットワーク環境の状態、設定確認のためのコマンド。
IPアドレスやサブネットマスク、
ブロードキャストアドレスなどの確認をする時によく使います。


ssh

リモートマシンにログインし、
リモートマシン上でコマンドを実行するコマンド。
ubuntuなどからCentOSサーバにアクセスする時に多様します。


vi

テキストエディタを起動するコマンド。
標準インストールされているはずのvi,vimエディタです。
「コマンドモード」、「入力モード」があり初心者は使いにくいかもしれません。
vi,vimに関するコマンドは別の記事で書こうと思います。


最後に

今回出したコマンドはよく使うコマンドほんの一部です。
またオプションなどいろいろな使い方があるので、
使う際に是非自分でリファレンスなどを確認して、コマンドを使ってもらいたいです。
そうすることで、毎回使い方を検索しなくても、覚えることができると思います。