1. makoto_kw

    No comment

    makoto_kw
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,110 +1,109 @@
Jenkinsは [jenkins-ci.org](http://jenkins-ci.org/) からMac OS X用のインストーラも配布されている。公式のインストーラはシステム、Homebrewの場合はユーザ環境で使うことを想定している。どちらも一長一短あるが特に致命的で回避できない問題はないように思えるのでセットアップが楽なHomebrewを使っている。
## インストール
```bash
brew install jenkins
```
jekinsをhomebrewでアップデートすると起動ファイルも更新されてしまうのでシンボリックリンクを張るのではなくコピーを ``~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist`` に置くため以下を実行する。
```bash
cp -p /usr/local/opt/jenkins/*.plist ~/Library/LaunchAgents
```
## サーバの起動コマンドのカスタマイズ
``~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist`` を編集し、起動時のパラメータを指定する。
起動引数: https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Starting+and+Accessing+Jenkins
変更例
```xml:~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Label</key>
<string>homebrew.mxcl.jenkins</string>
<key>ProgramArguments</key>
<array>
<string>/usr/bin/java</string>
<string>-Xms512m</string>
<string>-Xmx1024m</string>
<string>-XX:MaxPermSize=128m</string>
<string>-Dfile.encoding=utf-8</string>
<string>-jar</string>
<string>/usr/local/opt/jenkins/libexec/jenkins.war</string>
</array>
<key>RunAtLoad</key>
<true/>
</dict>
</plist>
```
### 文字コードの変更
GitのUTF-8のコメントが化ける場合があるのでエンコードを設定している。
``<string>-Dfile.encoding=utf-8</string>``
### 外部から接続させる場合
-外部からアクセスさるため ``<string>--httpListenAddress=127.0.0.1</string>`` の行を削除している。
+外部からアクセスさるため ``<string>--httpListenAddress=127.0.0.1</string>`` の行を削除している。
### メールサーバの証明書が不完全な場合
-社内メールサーバなどでメールサーバの証明書が完全に信頼できるものではない場合 ``<string>-Dmail.smtp.starttls.enable=true</string>`` の行を削除している
+社内メールサーバなどでメールサーバの証明書が完全に信頼できない場合でもメールを送信できるように ``<string>-Dmail.smtp.starttls.enable=true</string>`` の行を削除している
※Gmailなどを使う場合は関係なし
### ポートを変える場合
-``<string>/usr/local/opt/jenkins/libexec/jenkins.war</string>``
-の次の行あたりに以下のように追加すると良い。
+例では入れていないが ``<string>/usr/local/opt/jenkins/libexec/jenkins.war</string>`` の次の行あたりに以下のように追加すると良い。
``<string>--httpPort=80</string>``
### メモリの変更
適当。
```
<string>-Xms512m</string>
<string>-Xmx1024m</string>
<string>-XX:MaxPermSize=128m</string>
```
参考: https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Builds+failing+with+OutOfMemoryErrors
## 自動起動の設定
以下を実行しておく。
```bash
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist
```
## 自動起動の解除
```bash
launchctl unload ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist
```
## launchctlで再起動したり
自動起動が設定済みであれば以下のコマンドを利用できる。
```bash
launchctl stop homebrew.mxcl.jenkins
launchctl start homebrew.mxcl.jenkins
```
## 参考
* Mountain Lion環境への「Jenkins」のインストール手順: http://qiita.com/skinoshita/items/6862b4a6726fc3b24944
* Jenkins を Mac で使う: http://tech.hazi.jp/2012-08/13/