CentOS
gcp

Google Cloud Storage Sql が素晴らしすぎる

GCPを使おう

とにかくめちゃくちゃ速いらしい。
管理はGoogleがやってくれて安心。

・MYSQL
・PostgreSQL

の2つを選択可能。

速度はどうなの?

まず、レイテンシー(サーバー同士の反応速度)を計測してみよう。
conoha 、 gcp 共に東京リージョンを選択。

conoha から gcp へ

curl -kL ‘35.99.127.199’ -o /dev/null -w “%{http_code}\t%{time_total}” 2> /dev/null


GCPへ 0.125秒
同じCONOHA同士へ 0.126秒
2回目以降は 0.01~0.06とほぼおなじレイテンシー。

レイテンシーは気にしなくても良いレベル

sqlはどっちが速いの?

約80万行レコードのテーブルで
インデックスを貼っていない ip 列で。ソート。

SELECT 
  SQL_NO_CACHE * 
FROM 
  mes 
ORDER BY 
  `ip` DESC 
LIMIT 
  5;

conoha 8GB (自作mariaDB 10.2)

1673 ms

GCP 3GBプラン デフォルト

計測していないけど、遅い。

GCP 7.5GBプラン

1243 ms

GCP 15GBプラン

589 ms

結局世の中、金。

早速使う

場所は東京なので asix-northeast1 を選択

データベースのフラグ

character_set_server
utf8mb4

default_time_zone

+09:00

コマンドラインから使う

mysqlデータをエクスポートする場合は、cmder というアプリでmysqlのパスを通して使うと良い。

mysql -h 35.129.127.121 -u root -p

みたいな感じで。

バックアップ復元

ストレージを作成
nearline にしておき、そこにSQLデータをアップロード。
GUIから行う。
データベース名は ハイフンが使えないので注意。

phpmyadmin 使えるの?

使えません。
heidisql という windows クライアントを使おう。

レプリカについて

フェイルオーバーする時、マスターインスタンスに接続するサービスは30秒ほどダウンタイムが発生します。
フェイルオーバーする時、リードレプリカも再作成されます。
リードレプリカが再作成されるため、リードレプリカに接続するサービスは1分ほどダウンタイムが発生します。

また、アクセス数で1台でスッ壊れるようなものだと、2台あってももう一台がスッ壊れるので、
2台構成ではなく、3台以上の構成をすること。